ココロはいつも休暇中



<   2010年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧


夢のお告げか?

朝めざめたら、けっこう酷い頭痛。
一昨年、大病をしてからのちライフスタイルを大きく変えたこともあり、頭痛やら腹痛やら倦怠感やらの小さな体調不良は皆無なので、これは大変珍しい。
風邪の予兆か?
ともかく、大事をとって、朝食後にまたカラダを横たえて→睡眠→昼食→また睡眠を繰り返す。

頭が痛いこともあって眠りは浅く、ココロはへんてこりんな夢の中を回遊。

★以下夢の中...あたりまえだけど(笑)
近所で耐震工事のため休館中の朝倉彫塑館が、何故か今日だけ夕刻にオープン。月明かりを浴びて屋上から初音通りにジャンプする競技会が開かれるという。
ブログのネタにと駆けつけた私。
何故か次のシーンでは、私もその競技への参加を強制されて屋上にいる。そこから見える谷中の夕暮れは美しく。しかし、「飛び込み前のスタイルは屋上の彫像と寸分たがわず!」と、けっこうしつこく注意されうっとうしい。どなたかに足の位置とか腕の角度とかを直されて、飛び込みポーズを矯正される。
f0108825_12113289.jpg

つまり、言ってみれば、「こんな感じで屋上の端っこにスタンバイせよ」ということですね。
でも、このポーズってやってみれば意外にヨガ的。(まあ夢の中なんで実際は不明ですけど。)
なので、私、「この彫像のポーズって、ストレッチにはいいかもしれないけど飛び込むには適してないと思うのよね。創った朝倉さんに聞いてごらんよ。裏の墓地にいるはずだから」と反撃。しかし、言葉の発し方にキレが無く、口が回らない。何故だ何故だ...と苦悩する私。
...というところで第一話終了、じゃなくて、いったん覚醒。

かえって頭痛は酷くなっているようで、今度は湯たんぽを抱え再睡眠へ。観るならもっと良い夢...の願い叶わず、なぜかさっきの続きの世界にいざなわれ...。

今度は、お会いしたことのない彫刻家の朝倉氏を谷中の墓地で探しているところへ舞い戻る。私が覚醒している間に夢の世界では、”見つからないと罰ゲーム”が設定されていて、それがバンジージャンプかジェットコースターに乗ることだとかで、彫塑館屋上からジャンプよりバージョンアップしてやがるいらっしゃる。
もちろん、朝倉氏は見つからず。
焦る私。
過激な遊具は5本の指に数えられるほど嫌いなのでなんとしても逃れたい。
「冗談じゃないよぉ、ならば、おとなしく屋上から飛び降りときゃよかった。なんでぇ~」というところで、汗をかきつつまた覚醒。
「ああ、夢か」とホッとする(笑)。

外は夕暮れ近い午後4時30分過ぎながら、そういゃ頭痛も完治してる感じ、バンジーもジェットコースターも逃れられた喜びもあって気分良好。

すると、にわかに携帯電話が鳴り響き、「無料券があるので明日ディズニーランドに行きませんか」と電話の主曰く。
TDL→遊園地→ジェットコースターに乗る...と三段連想。
えっ!これって、まだ夢の中なんでしょか?それともあれは一種の正夢?
[PR]
by tao1007 | 2010-01-31 22:00 | つらつらと

一陽来復守り

早稲田の穴八幡宮で冬至から節分まで授与される『一陽来復御守』。
f0108825_11403466.jpg
昨年末にこのお守りの存在を教えていただき、我がブログにも「これは、私もその日々のいづれかにお訪ねして、こちらの小さなカミサマにもお会いしなくっちゃですね。」などと書いていて、しかし、まだお訪ねしていない。

その理由というのは何となくだがあって...。
ちなみに、このお守りのご利益は「金銀融通」。俗っぽく言えば「金運が良くなるお守り」ということで、それよりそう欲張らず、先にわが身の健康だろう私の場合。ということがソレ。

が、こうゆうモノが好きな私としては、「そのお守りのお姿だけはは見てみたいなぁ」→「やっぱりお訪ねしようか見学に」などと思っていたところ。
ある人からある人へ贈られるこのお守りに遭遇。
この幸運を逃してなるものか...と、写真だけ撮らせていただいた次第。

いやはや、和紙と書だけで形作られた雰囲気ある佇まい。
これはそうとうなご利益がありそうです。

ちなみに、このお守り。いただいただけでは効力を発揮せず。
冬至、大晦日、節分のいずれかの日の深夜12時に恵方とされる方角に向けて反対側の高い場所に貼る。一度貼ったら、動かしてはいけない...などの結構厳密なお作法をクリアしてやっとご利益に近づけるのだとか。
うーん。聞くだに知るだに、そうとう由緒ある感じじゃありませんかぁ。

カラダのメンテナンスを完璧にして仕事を本格再スタートさせた暁には是非私も...と、まずは、我がブログに飾らせていただきました。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-30 11:40 | 多神教の国の文化

自転車こいで亀戸天神

1月25日の天神様の鷽替えの神事。
今年は五條天神で木鷽さんの授与していただき、ほど近い湯島天神の木鷽さんも鑑賞。で、ちょっと日時はたったが、やっぱり亀戸天神さんもお訪ねせねば...という気になった今日。
やにわに自転車こいで不忍通りを南下して秋葉原のあたりから蔵前通りを東へ東へ。

隅田川を渡たると...。
f0108825_11374552.jpg

建設中の東京スカイツリーが真近にせまる。
f0108825_11392417.jpg

お寺の参道と山門の奥にそびえるスカイツリー、というのも趣き深く。
f0108825_14124471.jpg


こんな風にスカイツリーを左手にまっすぐ進めば、ほどなく亀戸天神で、境内に広がる藤棚にひたすらびっくり。
f0108825_1415159.jpg
初夏の花の頃ならさぞかし...。
さすが、安藤広重の「名所江戸百景」にも、現代の東京百景にももれなく選ばれているだけありますね。

ちなみに、今現在は、梅がほころび始めた矢先で、聞けばもうすぐ梅祭りも近いとか。
f0108825_14281366.jpg


そして、鷽替えの神事を過ぎようともありました!
f0108825_14284965.jpg
亀戸天神さんの木鷽さんはこんなお姿。
いやいや、これは、ガードレールに施されたデザインで、境内に貼り残されたポスターをみれば、確かに本物もこんなお姿。
天神さんの界隈では、こんな可愛い木鷽デザインで飾られているのでした。

ともかく次回は、遅くとも藤の見頃に参りましょう。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-29 11:31 |

近頃見てるTV番組

ほとんどTVを見ないで生きてきた私。
仕事を辞めてもそれは変わらず...ですが、それでもTV視聴の絶対量は増えたかも...と思うのは、図書館から借り出した本のタイトル。

例えば、現在の借り出し中の本の中には、この三冊が潜み...。
f0108825_10371124.jpgいまさら説明する必要もないでしょうが、一応すると。
楡周平氏の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」は、ただいま、金曜日の9時にTV朝日でやっているTVドラマの原作本。
第一話を観て原作が気になり図書館へオーダー。
先日やっと手元に届き、ただいま上巻の中盤まで読み進んだところながら、様々な伏線がきちんと描かれ、やっぱ本は、当然TVより面白いなぁ...という感想を得てしまう。うーん。

f0108825_10375529.jpgで、「不毛地帯」は、昨年秋ごろからフジTV木曜10時から放映中。
全部見ちゃうと就寝時間を過ぎるんでビデオ録画にて翌日鑑賞...しているが、山崎豊子作品は、高校生のときからの愛読書。
白い巨塔のときもそうだったけど、私にとっては、あまりシリアスなイメージがない唐沢寿明氏の主人公起用はちょっと納得いかない。さらにヒロイン秋津千里は小雪さんではなくてもっと着物が似合う人になんなかったかなぁ。あるいは、着物は一切着ないで登場するとか工夫が欲しい大きい違和感。
...とかやや個人的不満が嵩み、実は録画に鑑賞が追いつかず(笑)...となる。しかし、ドラマが始まると同時に再読し始めた物語のほうは、やはり相当に面白く。新作の「運命の人」も早く(図書館の)順番まわってこないかなぁ...などと。

f0108825_1037378.jpgそして司馬遼太郎の「坂の上の雲」は、NHK肝いりのドラマで、確か数年前から、長々と予告編を見せられ、昨年末、やっとその第一部が放映された。
私としては、それが、めっぽうおもしろく、しかし、つづきが、今年の年末!最終シリーズなどは来年の年末!!という驚くべき待たせぶりであることに驚愕→一瞬気を失いかけて→落胆とココロを揺るがし、けっきょく原作本の再読にてそのあわだちを鎮めたという次第。
...いったいNHKは何を考えているんだろうか?原作本を売るためか?
あるいは、それを観るまで死ねない...と病人やら高齢者たちを奮い立たせるためだったりしてなぁ...。まったく自信家ですねNHK。

ありゃりゃ!けっきょく、TV観ないで読書に落ち着くわけですね...私。

せっかくTV観る暇もある昨今こそ、かつて多忙に多忙を極めつつ、それでも超熱狂かつ熱中した「ちりとてちん」のようなドラマ...そんなのをやってくんないかなぁと思うのですよ。
がんばれテレビ!
[PR]
by tao1007 | 2010-01-28 10:21 | ドラマとか映画とか

何度読もうと新鮮で

f0108825_15433715.jpg「象の消滅」 短篇選集 1980-1991 村上春樹 新潮社

一度、本屋で目次を見たが、何かすべてが読んだことのある短編集で、以降ずっと「村上春樹の黄色い本」としか認識がなかったコレ。いまさらながらに手にとれば、実は、雑誌にニューヨーカー選ばれ翻訳・出版されて、英語圏を中心にロング・セラーになっていた本の逆輸入だった...という、日本の作家の本としては稀有な変遷をたどったものだと知った。
実は、うっちゃっといた本に興味が沸いたのは、そのシリーズ2作目「めくらやなぎと眠る女」のことをある方のブログで読んで、そこに書かれていた「一度は読んでいる作品でも、あらためて心が揺さぶられる」という記述に、私もココロが揺さぶられたからで、しかし、私と違って、言われなくともことの本意が分かっている読者は累々と沢山いるらしく、いつもの図書館では相当数の予約待ち人。
そこで、そういやあの黄色い本も読んでないしな...と、先ずは一作目を紐解いた次第。

丁寧に読み進めてみれば、アメリカデビュー当時を語るエッセイが、まずは、俄然興味深く。そして、書籍名で言えば「パン屋逆襲」「中国行きのスローボート」「カンガルー日和」「TVピープル」「蛍・納屋を焼く・その他短編集」あたりを中心に選ばれた懐かしい「村上春樹ワールド」が、ニューヨークの編集者によって巧みに組みかえられて、まったく新しい世界が繰り広がっていた。つい最近、偶然再読した「レキシントンの幽霊」収録の短篇ですら新鮮。
...読者としては、かなり得したというか、すごいというか。
村上さんの描く物語は、(それはいまさら無理だが)作者の国籍を伏せてしまえば、どこの国のひとが描いているのかやや怪しくなるようにも思え、そもそも日本の作家という興味を越えて読まれているんだろうなということが良くわかる。
が、さらに、「一回読んだしなぁ...」という事実までも越え、たぶん、やや大げさなことを言ってしまえば、読了の直後に再読しても、たぶん読んだ回数だけ読者に違った世界を提示してくれそうだ。

行間あたりを凝視すれば、無条件で脳内を刺激するような暗号でも埋め込んでるんじゃないの?...などとえたいの知れないことをついついと(笑)。

さて、こうなりゃほんとに「めくらやなぎ...」の借り出しが楽しみです。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-27 15:42 | 読書する

ええっ?うけらの神事って?

昨日、五條天神にて、こんな気になる張り紙。
f0108825_10462741.jpg

...「うけらの神事」って何んでしょか?
どうやら、節分祭の一環のようです、鬼が「豆まき」の文字の横で踊っておりますものね。しかし、蟇目式...はまだなんとなく分かるとしても、「うけら焚き」って摩訶不思議な儀式もあるようで、もうこうなると興味津々。

さっそく、我が手帖に、”2月3日15時”、”五條天神”、”うけらの神事”...とか記入しいる私(笑)。

帰宅後、ネット検索してみれば、なかなかに充実度の高いお祭りのよう
神事の写真が細かく掲載されてますが、特に、「病鬼」といわれる鬼さんがふたり、斎主と対面して問答し、鬼は過ちを悟り神前より退散する...というところなど。その様子を見てみたいなぁ。

これは、今からちょっと楽しみですよ。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-26 10:44 | 多神教の国の文化

鷽替えの神事

菅原道真公は、誕生日が6月25日。
大宰府への左遷の命令が下されたのが1月25日。
そして、この世を去ったのは2月25日。
...と、どうも25日に縁がある方だったようで、道真公を天神さんとして祭る神社(天満宮とか天神社と呼ばれるところ)の縁日は、そんなこんなで毎月25日とされている。
その1年の最初の日・1月25日は「初天神」と呼ばれ、多くはこの日「鷽替えの神事」というものが執り行われ、このとき授与される「木鷽」の姿カタチが見目愛くるしく。
もちろん、いつかはこの手に...と思っていた私。
今年はカレンダーにその日を記し、忘れることなく、ご近所の天神社・五條天神へ行ってまいりました。

神主様がこれら木鷽を神前にならべ、お払いをするのを待つことしばし...。
で、いただいた木鷽さんのお姿はこんな風...。
f0108825_22175033.jpg

うーん。可愛い。
こんなに可愛いというのに侮ること無かれ、私達が知らず知らずのうちに使う「嘘」を、天神さまの「まこと」に替えていただき、正しい幸運を招いてくださる...ってたいそうなご利益。
しかも、五條天神さんは、医薬の神さまもお祀りしている神社にて、私のカラダももっともっと健康にしてくれまいか...などと。

さて、この五條天神の「木鷽」さんは境内の社務所で袋に入れられた中から選び、頭に金紙のあるのに当たれば特に吉兆だそう。私のは、写真のとおり、銀の頭...ではあるが、HPの記載によると、「宮司さん自らの手による一刀彫で...」とあり、そもそも授与される数は少ない。
お払いも1日数回に分けて少しずつ...といった感じで、入手もやや困難な感じですもの、いただけただけでご利益おおいにあり...な感じです。

神棚の無い我が家では、南向きの棚に置き、今年1年どうぞよろしくお願いしますね。
木鷽どの。

さて、都内では、湯島天神と亀戸天神でも鷽替えの神事が執り行われるようで、授与は遠慮するとしても、そちらの木鷽の姿も拝んでみたい。と、ささやかな希望。もう、信心というより物好きです。やれやれ。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-25 22:17 | 多神教の国の文化

月を追っても追いきれず

朝は東に出つつある太陽を拝み。夕暮れ時には月を探す。
1日の始まりと終わりがこんな風な習慣になって1年半ほどたつが、いまだに月を追うのが難しい。

年末の日記&スケジュール用手帖の購入時には、月の満ち欠けが分かるものを迷い無く選択。
日々の月のカタチを記憶しつつ、晴れた日には、暇さえあれば空を眺めるという努力も欠かさず。

で、ここ数日の月観察によりなんとなく把握した月の動きは以下の様。

まずは、新月あたりの数日。
日の出とともに月も出て、日の入り前に西の空に消えてるらしく、みあたらない。
それでも、欠かすことなく観察すれば、ある日、とっぷり暮れた西の空に、ほっそりとした月齢の月を発見できる...はず。
そして、月の入りは毎日約1時間ずつ遅くなるので、その後数日も日没直後に西の空のチェックを欠かさず...でなければならない。

さらに、併せて、昼間も気を抜けない。
東の空にやっとうっすら月の出を確認可能にもなるので、それを探すにも忙しい。
例えばこれは、昨日・1月23日の昼すぎに東の空にふらっと登場した...ふうの月。
f0108825_12165084.jpg
月もここまで太ってくるとほっと一息。
晴れてさえいれば、夜空をしずしずと西へ移動する様子が見られて、観察するにもかなり楽だ。
こうして、月は、満月になって、また欠け始めるまで夜空に遊ぶ。
...となるようです。たぶん。

で、こんな風に日々観察を欠かさずにいれば、月に焦がれて、ふりまわされてる気分になってくる不思議。
太陽に感じるのは、「いつもあるところにある」安心感だというのに、この違いはいったいぜんたいなんでしょか?

そういや、最近同じく夢中な神話の世界。
太陽の神さま=天照大御神がオンナの神様に対し、月の神さまは月読命(ツクヨミ)と言って、オトコの神さまなんだそうで、ああ、つまり、やっぱり、そうゆうことでしょか。ふふふ。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-24 12:16 | 定点観測

空の対角線

富士見坂下から空を仰ぐと...。
f0108825_10433577.jpg
青空と薄く雲がかかった部分がくっきりと別れ、これって、「空の対角線だわ」と、ひとりごちつつデジカメに収める。
...が、無理ありますって(笑)、空は広くて、間違っても四角く区切られない。
でも、これってどうゆう自然現象によるものなんでしょうか?気になります。

さて、うっすら曇りのこんな日だから、富士山のお姿は見えないかしら?と思いつつも坂を登る。
f0108825_10494132.jpg

おおっ、今日はお会いできましたね。
延々、綿あめみたいな雲が続くも、富士山のあたりも谷中も基本晴れ...なようです。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-23 10:42 | 定点観測

ひっそり新年ランチ

年末、ひっそりと忘年ランチを決行した3人は、年が明けても時間だけはたっぷり。
なので、性懲りもせず、今度は、密やかに新年ランチ。
お店をいろいろ吟味するうち、場所は、九品仏という一度も足を踏み入れたことの無い街となった。
3人ともが、一度行ってみたかったレストランというのが、この街にあったというのが理由なのだが、いやはや、知らない街は面白い。
例えばそれは、改札出たら、いきなり踏み切りと踏み切りの間に立たされていて、対向電車がやってきて仰天!...とか。
魚屋とか肉屋とか八百屋がないちょっとすました駅前の商店街とか。
何か探検しがいありまくりな感じ...なのだ。
友人たちを待つ時間つぶしに、地図を見れば、駅の北側には広大な寺があって、そこに「九品仏」がある...らしくそれも気にもなる。
が、晴れてはいるが外気は寒い、外すリスクもあるから、今回は断念。次回にしよう...って、また来るのかよ私!

さて、ランチは、延々2時間もかけ、さらに話足りない感じなんで新年teaでもしようかしら...となる。
またも、一度行ってみたかった場所D&DEPARTMENT PROJECT も至近距離にあり、そこにはカフェもあるっていうのでさっそく向かう。九品仏ったら、地味な街ながら侮れないねぇ。

D&D...は古いビルの1・2階を占め、そのビルの入り口附近を照らす古いライトが、もう...いきなり可愛すぎ。
側面の×××...ってところを良く見てください。
f0108825_10111897.jpg

これが、暗闇に灯っているところも見てみたいね...。
と、さっそく、いい年したオンナが3人、辺りはばかることなく、長々と撮影大会となる。
しかも店先(笑)。
2階のショップも1階のカフェもこの調子で長々と滞在を楽しみ...。

時間があるっていいことだなぁ。

夕刻、日没は、やや遅くなって17時すぎ。暗くなったし帰りましょうかと帰路。
往路は、JR→東急目黒線→東急大井町線という約1時間の経路、復路も同じくと思っていたら、途中乗換駅の大岡山にて、目黒線が南北線に乗り入れていることを発見!
なんと、自宅最寄駅と九品仏は47分の所要時間で繋がっていました。

東京の交通網。ここまで徹底的に繋がってると、やや恐い気もいたしますね。

いや、こうやって遊んでばかりいて平気な自分はもっと恐い...けど。
[PR]
by tao1007 | 2010-01-22 09:54 | つらつらと


カラダもココロも休暇中
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧