ココロはいつも休暇中



2013年 06月 06日 ( 1 )


昨日の電車の友

梨木果歩さんのいちばん新しい本は、書店に並ぶと同時に買って、しかし、なんとなく読みそびれておりました。
それを、往き帰りの新幹線の中で読む。
f0108825_17143425.jpg

タイトルは、「鳥と雲と薬草袋」というのですが、目次の前には日本地図。
パラパラめくってみれば、2ページ完結の短い随筆(それを、この作家は「葉篇随筆」と呼んでおりました)のタイトルは、さまざまな地名。

「??」と思って、もう一度、表紙のタイトルを眺め、ああそうか。
鳥のように雲のように、自由に土地をめぐってゆくって話ですね。
ならば、この妙に惹かれる「薬草袋」の意味は?
こちらは、冒頭に、「旅の鞄に入れておくごちゃごちゃ袋」と説明がありました。
中には常備薬と、以前訪ねたアドリア海の島で、おばあさんからもらったローズマリーやタイム、ラベンダーなどを束ねたブーケ。
それが、乾燥し、袋の中で良い匂いを放っている。

ああ、もうはなっからステキな話。

この作家の随筆は、思えば旅情を誘うものが数多く、もちろん本作もそう。
巻頭に附された日本地図のおかげもあって、上空からその地名の場所へ迫るように楽しんで読んで、あとがきを読むころ、上野の駅へ。

うーん、なんか旅がしたりない感じ。
このまま、この本に書かれている西のほうへと旅を続けたい気分です。

あっ、そうそう。
梨木さんの本で、なかなかにハードなテーマの「僕は、そして僕たちはどう生きるか」というのがあって、そこに登場するおもいっきりステキな場所のなぞ。
それって、実在するのかなぁ。
どうかなぁ。
...とおもっていたものですが、どうやら、この日本のどこかにちゃんと存在するようです。
本書の「谷戸」という章にその証拠となる葉篇がさりげなくさしはさまれておりました。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-06 16:45 | 読書する


カラダもココロも休暇中
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧