ココロはいつも休暇中



桃源郷はこうさりげなくある。

花木栽培を生活の糧とする農家が、少しずつ花の苗木を植えていつしか様々な花で満ち溢れる場所となった、東北の街に忽然とある桃源郷...。
その場所へゆく。
f0108825_22131658.jpg
こんな感じの桜のトンネルを登ってゆく。ソメイヨシノとは違った高さのない品種の桜。ずんずん上ると、どんどん桜だらけになって...。
f0108825_22242477.jpg
するとスコーンと空が抜けて見える場所に出る。
f0108825_22243443.jpg
「ほら後ろをみてごらん!」と、一緒に上ってきた見知らぬひとの声につられて振り向けば...。
f0108825_22244832.jpg
ああ、確かに桃源郷があった。
ここを創ろうとしたのは、安部氏という個人で、自分の所有する山に何年もかけて少しずつ花の苗を植えた。いつしか、周辺の農家もこの試みに賛同し、少しずつ、花々は増えていった。
とにかく美しい光景を創ろうとした、望みはたぶんそれだけだったろう。

この東北の街で、桜の開花宣言があると、駅とこの場所を繋ぐ臨時のシャトルバスがボランティアの手で運行され、多くの人がここを訪れる。私もそのバスに乗ってきた。すると、バス停付近には、観光バスも停車中。なんと! 全国からもひとが運ばれ、臨時のみやげ物屋がにぎわっている。どこからこんなに人が沸いて出たか?とも思えるけれど、季節ごとに違う花で飾られるここも、桜の季節以外は静かな田舎街なのだとか。

とにかく、しきりに残念だったのは、おにぎりとお茶を持ってきて、この風景をおかずに昼食がしたかった...ということ。すみません、俗人ゆえの花より団子です...。うふふ。
そして、明日は、イーハートーブの街に行こう。...と思ったのもこの風景のせい。
[PR]
by tao1007 | 2007-04-14 22:11 |
<< イーハートーブの街 いつもの畑経由、北東北へ。 >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧