人気ブログランキング |

ココロはいつも休暇中



お金より教養

会社の左隣に座るホストAくんは、
毎週末クライアントの大金持ちに振り回されている。
その大金持ちは、今はやりのIT成り上がり系お金持ちではなく、
代々続く由緒あるお金持ちらしい。

なーんてことを聞くと、お金持ち自体を見たことがない私などは、移動は自家用ジェットか近場ならばヘリコプター、執事や家政婦長が心配するので早めに帰宅し、ふたり暮らしのおじい様と夕飯を共にしつつ、ちょっとずれた世間話。さるホテル内で、殺人事件が起きた、迅速な事件解決のためにそのホテルごと買収...だんだん「富豪刑事」の世界になってきた。

しかし、せっかくここまで妄想を楽しんだというのに、実際のお金持ちは単なるさびしがりやの中年らしく、誘いを断るとすねたりするので、毎回朝までお酒を飲むのに付き合わされるらしい。そのときの話題も「普通以下」って感じにしか聞こえない。(伝聞ですので正確な判断はできませんが。)
うーん。
「ヘリコプターで都会の上空を優雅に移動」ぐらいは可能かと思ってたけど...それすらどうもかなり遠い世界。
それどころか、話を聞いていて段々この見知らぬお金持ちが気の毒になってきた。ちょっと人間のスケールがお金の量とつりあっていない感じだもん。せっかく希少価値の大金持ちなんだから、ウルトラでっかいヒーローであってほしいものだわ、「富豪刑事」みたいな感じに。

でも、まっ、お金持ちを武器に世の中に露出してくるひとって所詮こんなもんでしょうね。

「お金の凄さとどうでもよさ」みたいなことを、あまり教育されずに育ってしまった私たち日本人。
しかし、その一般教養も身につかないまま、日本自体が過剰にお金持ちになってしまった。みんなで仲良く一緒になってブンブン「お金に振り回されている」。
そのひとも、お金持ちの家に生まれた運はあっても、それに振り回されない教育を受ける幸運はなかったという意味で、つまり日本人のステロタイプそのものだ。

f0108825_23235859.jpgそんな話をした今日。アレクサンダー・フォン・シェーンブルク著「優雅な暮らしにおカネは要らない 貴族式シンプルライフのすすめ」の順番がまわってきたとの連絡。早速、図書館へ取りに行く。名前の真ん中のフォンは貴族のしるしだが、彼は大新聞社を解雇された失業者経由のジャーナリストで、別にお金持ちではない。
世界の常識はいまや、かならずしも貴族=お金持ちではなく、冒頭、ヨーロッパの没落貴族の今の生活に触れられて、そこが興味深い。没落しても幸せに暮らす貴族たちはほどほどに人間力がある、生きる教養があるとでも言おうか。
タイトルに「おカネは要らない」とあるが、その内容は、優雅に暮らすことは「おカネとは次元が違う」といったほうが正しい。そして、真に贅沢に生きるにはおカネではなく「教養」がいるのだと。

本の中には、「すっきりとあか抜けたライフスタイル」という言葉が繰り返し登場する。いいね「すっきりあか抜けた生活」って。ものすごく安らげそうな響きだ。

TV・CMで、「この惑星の住人は物欲に支配されている、いきるために必要なものなどそんなにないのに。」「しかも198(イチ・キュッ・パ)に弱い。」と言っている。缶コーヒーのCMなんですが...。ポピュラーな飲料メーカーが、わざわざ何億円ものCM料を使っていやみなコピーを流す時代でもある
と考えると、もしかしてひょっとして、日本が「すっきりあか抜けた国」になる日も案外近いかもしれない。いや、すっきりあか抜けた国に戻るといったほうが正しいかしら?
もう無駄なもの買って、部屋を汚したり、余計に食べてからだこわしたりするのに疲れましたからね。もっと言っちゃえば、健やかな生活には缶コーヒーもいらないんですが。毎朝高い豆で入れたコーヒーをポットで持参のほうがずっと優雅で低コストすから...。
by tao1007 | 2006-07-07 22:31 | つらつらと
<< 富豪刑事を探す昼下がり。 暇な毎日が永遠に続かないか..... >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧