ココロはいつも休暇中



雑...とつけても、ハルキワールド。あたりまえか。

f0108825_15441281.jpg
「村上春樹 雑文集」新潮社

『雑文集』なんて、横に(仮)とか付けたくなるようなタイトルにして(実際、仮タイトルが本タイトルに出世したって「前書き」にいきなりあって、大笑いした)、うさぎとねずみの緊張感のない絵(これがまた、安西水丸&和田誠両巨匠によるものなんだって...いや失礼)、非常にゆるい気分で読み始めたんですが、なんだかコレ、けっこう硬派の本です。
内容的には、本の序文や解説、文学賞からなぜか安西水丸氏のご息女の結婚式の祝電文、あるいは、内外の雑誌に寄稿した短い文章をまとめたものなんですが、村上さんって、いつなんどきも何かにまじめに対処するひとなんだなぁ...と思うことしきり。
なんだか非常によみごたえあって、まだ咀嚼もできていないんで、ここは、本書を読んでさらに外へと気になったあれこれの備忘録とすることにしました。

村上さんは、私の大好きな作家であるのは当然のことながら、かなり疎い音楽エリアと外国文学エリアのナビゲーターでもある。
っーことで、とりあえず、村上さんの文章を読んで興味を引かれた文学&音楽をここに。

・「NO IDEA」和田誠氏と安西水丸氏のたぶん共著絵本。これに添えられた文章が村上春樹氏って非常にゴウジャス。
・「平成版 普通の人」安西水丸 <安西水丸画伯の不朽の名作漫画>って紹介されてますが...。
・ジャズのベーシスト ビル・クロウというひとのこと。
「さようならバードランド」「ジャズ・アネクドーツ」などの著書もあり、翻訳もされているって。もちろん訳者は村上春樹氏。
・「キャッチャーインザライ」よまなくちゃなぁ...。実は我が書棚で長い間積読になってる。どうもあのあたりの外国文学が苦手な私
・「ロング・グッドバイ」これは旧訳で読みましたが、それが、やや原文をはしょったものだという事実を知る。村上訳もよみたいわ。
・グレイス・ペイリー「最後の瞬間のすごく大きな変化」。実は、村上さんの翻訳モノって、読破できたものが少なくて。これがほぼ唯一の例外。もう一回よんどきたく。

...ってなとこでしょうか。もっといろいろあるけれど、まあこの辺で。


そして、エルサレム賞受賞時のスピーチ全文がやはりすばらしく堂々として、ついでに、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を再読したくなる本でもあります。

そして、なんだかドーナツが食べたくなる読後感でもあるね。なんでだろ。
[PR]
by tao1007 | 2011-07-28 15:56 | 読書する
<< 結局...。 コムデギャルソン見に行きたいなぁ >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧