ココロはいつも休暇中



タグ:博物館・美術館など ( 93 ) タグの人気記事


トーハクで、京都洛中洛外を楽しむ

昨日夕方ちかく、にわかにトーハクの年間パスポートの期限が11月20日まで!
と気が付いて、どうしようか...と、瞬間悩んだもののとりあえず行く。

そろそろ西に傾いた太陽を美しく浴びるトーハク。
f0108825_2125234.jpg

特別展は、「京都―洛中洛外図と障壁画の美」
f0108825_21562431.jpg

展示されているのは、16世紀~17世紀に京都の様子を俯瞰して描いた巨大な屏風と、京都御所&二条城の襖絵、これももちろん巨大。
そして、石庭で有名な龍安寺の襖絵。

シンプルにこの3バージョンで構成されたモノだが、見どころ深く、相当に充実した展覧会である。

まずは、入口に入ってすぐに展開する、重要文化財「洛中洛外図屏風 舟木本」の巨大スクリーン。

巨大な屏風をさらに4×4mの大型スクリーン4基に拡大投影されたもので、精密に描かれた都の賑わいと四季の景観も拡大されて、その全景を誰もが細かに観賞することができます。
おおっ!これってもう発明に近いじゃん!と、心奪われ観賞。

その後、期待ふくらませつつ本物が並ぶコーナーへ。
しかし、その後に並ぶ本物は実は、精密すぎ&混雑すぎて、同様に観賞したいと思っても無理。
ふーむ、だからこその巨大スクリーンだったわけね。
まずは、そのスクリーンが必見です。

でもなぁ、これだけすごいモノが一堂に会しているってのに残念だなぁ、と思いつつ、次のコーナーへ。
...と、いきなり龍安寺の石庭がほぼ原寸大で登場する。

びっくり!

これは、超高精細映像4Kで体感する龍安寺石庭。
庭を眺めつつしばしそこに佇めば、石庭の四季が移ろってゆく。
桜、青葉、蝉の声、台風、長雨、紅葉、雪...そして桜。

これが、この展示会二つ目のおススメ。
本物の石庭であっても、四季を一瞬でめでることはココでしかできません。

さて、その隣の展示室には、龍安寺の襖絵が並ぶ。
あれれ、これって、龍安寺にあったっけ??と、過去に訪ねた記憶を巡り...見たことないなぁ。

というのも当たり前で、そこにあった素晴らしすぎる襖絵は、明治の初めの廃仏毀釈運動により粗雑に扱われ散逸。
なんと、今は、ニューヨーク・メトロポリタン美術館とシアトル美術館が所蔵しているのだとか。
うーむなんともまぁ...。

そして最後は、京都御所に二条城の巨大すぎる襖絵。

いやぁすごいわ。
これらは、京都に権力と富が集中した日々の記憶とも言え、圧倒される。
なんだか、今いる日本人のルーツの先に、こんなものってあったんだぁ、と驚きもしつつ、つい頭をよぎったのは、「あの細かすぎる京都の洛中洛外図を探し絵パズルにしたら、ちょっと面白いんじゃあないかしら」
...ってかなり下世話なことにてすみません。

でも、あったら絶対面白いと思うのよね。
こまごま描かれた人々は、みなみな生き生きとした表情。そして、日々のナリワイにいそしんでおりました。
そこを逐一観察すれば、江戸時代の京都の庶民史を学ぶ一端にもなりますよ。

と、けっきょく相当な時間を費やし、外に出れば、トーハクの庭はとっぷりと暮れておりました。
f0108825_21575653.jpg

ああ、今日は、まだまだやること満載。
どーしよう。

◇特別展は12月1日まで。
トーハクブログが面白いので興味があればこちらへ⇒
[PR]
by tao1007 | 2013-11-20 21:22 | つらつらと

書を楽しむとゆうより、実は紙

またも、会期終了ギリギリにトーハクの特別展にゆく。

「和様の書」である。
f0108825_9443749.jpg

文字を持たなかった日本人が、中国から「漢字」を輸入→唐風=中国風の書体を会得することを目指し→やがて、同じ漢字書体でも、日本の美意識でもって徐々に変化し、日本独自のスタイルの書を作り上げた。

その日本独自のスタイルが和様。

って言われてもよくわからないですけどね。

私としては、博物館による「書」の企画展は、文字より実は、書かれた「紙」に興味津々。
そこに和様とくれば、趣向を凝らした紙の数々、バッチリたくさんありました。
日本人って、やっぱ細部までこだわって飾るってのが好きなんですねぇ。

特に雲母が練りこまれた(?)料紙に描かれた古今和歌集(元永本)がすばらしく!→トーハクのブログにもあります。

他にも、いろいろな色紙を横に長くつないだものに書いたもの、
さらさらと書かれた詩歌の挿絵のごとく、ちょっと愉快な絵が描かれたもの、
屏風のあちこちに、いたずら書き(失礼!凡人には、そのようにしか見えませんっ!)のように書かれた文字なんかも私ごのみ。

そうして、じっくりゆっくり眺めていたら、なんだか私も、書をしたためたくもなる。
まずは、お習字から始めようかなぁ。
...なんて。

時間を書けて墨を刷り、筆でさらりと書く。
その助走とアウトプットのタイミングみたいなものに、ちょっと惹かれるモノがあります。

なんだか、過去の日本人が描いた雅な文字たちが、「やってごらんよ」と誘っているようでもあります。
[PR]
by tao1007 | 2013-09-04 09:38 | 多神教の国の文化

東北でしかやっていない若冲展

福島の駅から東口へ出ると、目に入ってきたのはこの看板。
f0108825_12361333.jpg

そうそう、若冲のコレクターで有名な米国人・ブライス夫妻の特集をどこかのTV番組でやっていて、東日本大震災の復興支援で若冲ほか、主だったコレクションで、岩手、宮城、福島限定の展覧会を開く...って情報。
うっすら聞いていたような...。

とにかくラッキー!

さっそくとるものもとりあえず、福島県立美術館へ向かいます。
混んでるんだろうなぁ...と思いつつ。

で、混んでました。
展覧会というより、美術館の駐車場!

私は、100円の周遊バスで来たんですが、そっちはガラガラ。
この地はしっかり車社会なんですねぇ。
でも、駐車場の空きが出るまで、運転手(主におとうさん)は、美術館に入れずじまい。
家族や、同行者のみ先に若冲鑑賞にいそしみつつ、会場の真ん中ぐらいで
「おとうさん。まだ駐車できないのかしらぁ...」とぼやく、家族と思しき方々にずいぶんと出会いましたもの。
皆様その後、無事、若冲には出会えたんでしょうか?

一方、会場内は、どちらかといえば空いている印象。
いや、実際は、この美術館の展示としては大盛況。
それでも、東京の展覧会を慣れてる私としては、鑑賞を邪魔するほどのものではありません。
東京って、どんだけヒトが多いんだろうね。

さて、若冲ほか、江戸後期の画家たちの作品ですが、なんかシンプルに解りやすく、馴染みやすく。
眺めていれば、どれも非常にリラックスできるものばかりなのに、ややびっくり。
江戸期の絵画は、私の好みとするジャンルで、これまでもあちこちで嬉々と見てきたように思うのですが、こうした安心感がかもし出されているものって...なかったような。
不思議です。

ある意味アメリカ人の趣味で集めたものが、現代の私たちの嗜好にも通じているのかもしれません。

しかし、江戸の画家たちは、ほんとうに自由で面白いです。

絵を描いて稼ぐとか名を成すとかではなくて、目に留まったり噂を聞いたりした中で興味あるものを貪欲に追い求め表現したという、まっすぐ、シンプルな絵画。

あの時代。
質素に生きれば生きられて、代わりに人間にとっては、いちばん贅沢かもしれない、そんなコトが可能な時代でもあったんでしょうか。

この展覧会は、この先の私たちの暮らし方に、密かで大いなるヒントを与えてくれているような気さえしたのでした。

ちなみに、9月27日までやってるようです⇒若冲が来てくれました
[PR]
by tao1007 | 2013-08-17 12:31 | つらつらと

ちかごろ日参している場所

時間があれば、たいがいは、自宅⇒上野公園の往復で歩数を稼ぐ私。
近頃は、加えて、その上野公園のミュージアムショップもことさら入念にチェックするのが日課となっております。

特にはずせないのが、ココ。
f0108825_17291154.jpg

ってどこよ?

あっ、すみません。先ごろ、リニューアルした東京都美術館のミュージアムショップです。
この界隈は、ほかにも東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、東京藝術大学美術館と、美術&博物館の密集地。
つまりは、ミュージアムショップの密集地でもありますが、その中でも都美術館のそれは質が高い。

個人的なベスト1は、六本木の国立新美術館のミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」なんですが、六本木という場所があまり好きではないために日参ならず。
都美術館のそれは、規模こそ新美術館にはかないませんが、ちょっと同じ雰囲気がある。

つまり、眺めて学べる、参考になるアイデアの宝庫ってこと。
自分も何か作ってみたくなるなぁ...ってとこも。

もちろん、無用なお買い物は一切せず(笑)で、ショップの方にはすみませんっ!て感じですが、眺めてあれこれ考える楽しみは、買う楽しみをおもいっきり凌駕します。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-08 17:26 | つらつらと

朝倉彫塑館がそろそろ再おめみえか!

私が会社を辞め、ついでのようにちょっとシリアスな病まで得たのが2008年の秋。

それから自分のことで精一杯な日々が過ぎ、はっと正気に戻ったのは翌年2009年の春ぐらい。
そしたら、いつも憩いの場所として訪ねまくっていた朝倉彫塑館が保存修理工事に入ってしまっていたりした。
しかも、再開は、2013年3月予定とあって、「ああ、私はそこまで生きているかしら?」などと思う。

ええ、ええ、今となってはただの笑い話ですとも。

月日のたつのはめっぽう早いものでして、その朝倉彫塑館もそろそろ周りの囲いが下ろされ始めた感じです。
f0108825_13522588.jpg

ハザード上の屋上に、この館の見張りのようにいる彫像が顔を出し。

いゃあ、お久しぶりですねぇ。
思えば、ココの工事が済むまでに、健康もシゴトもきちんと取り戻しとかなきゃと、かなり励みにもなっていました。

再開まではもうすぐですね、ああ、楽しみです。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-04 13:42 | 古い家

今年最後の博物館

そうだ!トーハク(東京国立博物館のことですよ!)の特別展って今日・明日で終わりでは?!
とにわかに気づき、さっそく出向く。
f0108825_17153512.jpg

「中国王朝の至宝展」です。

私はパスポート保持者なんで、やってるものは見といた方がトクなんですが、近頃のトーハク特別展って、なんとなく混雑しているイメージ。
博物館までは出向きつつも、まだ日にちがあると平常展を眺めたっきりで、帰ってきたり...しちゃうんだよなぁ。
そのまま、けっきょくぎりぎりになってしまうんでした。

で、この「中国王朝の至宝展」、結論から言うと、がら空きでした。
しかし内容的には、私好みのものがごっちゃりと!
ラッキー!

私好みってのは、まず小さいこと。
あるいは、大きくても細工が細かいこと。
そしてカタチがなんとなくプリミティブであること。

歴史が現代にさかのぼってくればくるほど、様式美がきっちり決められ、それはそれで興味深いのですが、条件反射的に「これってすき!」と思うのは、もっと原始的なカタチ。
そんなのが、もうたーんと揃って、しかも空いているんで、やたら時間をかけて眺め楽しんでしまいました。

詳しくは、こちらでも一部見ることができますので良かったら。
展示は12月24日までですが、webサイトはけっこう長くオープンのままになってたような。
私の経験上ですが...。

で、延々2時間ぐらいかけて眺め、外に出たらもう日も暮れていた。
f0108825_17253399.jpg

ああ~!このあと、富士見坂経由で帰ろうと思ってたのに。
もう富士山のシルエットを見るのは無理だろうなぁ...。

ということで、トーハクの庭から見上げた根津方面の空を(笑)。
[PR]
by tao1007 | 2012-12-23 17:13 | 多神教の国の文化

トーハクの出雲展へ、久々に

かなり久しぶりに東京博物館へ。
ここ数年、東京博物館の年間パスポート保持者につき、特別展は網羅しているんですが、今年の夏は、暑すぎたて足を運べず。
2回ほどすっ飛ばしてしまったみたいです、5月にいったボストン美術館以来。

でも、これは見逃したくなかったんで。
f0108825_9342913.jpg

出雲展...正確には「出雲―聖地の至宝―」です。

展示物はそう多くないのですが、古代の出雲大社の本殿が今よりもずっと高くて日本一高い建物だったという伝承に基づき作成された模型とか。それを裏付ける巨大な柱の遺跡、「宇豆柱」とか。

ああ、圧倒されます。

出雲は私の好きな「古事記」の世界のひとつでもあり、八百万のカミサマなお集まりになるところ。
一度は行ってみたいと思い続けて、今年も行けず...。
来年こそはとやっぱり思いますね。

というか、こちらのブログに書き連ねてきたような日本のカミサマがたの旅などとか。
来年はそんなことをしたいものだ。
いや、するぞぉ~!
と、なぜか、その「宇豆柱」にむかって決意表明してみる私。

少ないながらもかなり入念に展示を眺め、外に出ればもう日暮れのあと。
f0108825_9462196.jpg

ぽっかりお月様が出ております。
[PR]
by tao1007 | 2012-11-22 09:31 | 多神教の国の文化

ボストンから帰国しているものたち

東京国立博物館では、6月10日までボストン美術館展を開催中。

...えっ、ずいぶん先があるとおもっていたけど、もうすぐ終了じゃあないの??
まずいまずい!と勇んで行ってまいりました。

私は、博物館の年間パスポート保持者。
4000円でパスポートを入手すると、平常展(600円)は入り放題+年6回の特別展(前売り800円から1300円)も無料。
せっかくですので、これを見逃す手はありません。

f0108825_10585780.jpg
目玉は、このポスターにもなった曽我蕭白(そがしょうはく)の『雲龍図』でしょうが、明治時代のニッポンには、神仏分離令から始まった、廃仏毀釈などの日本文化軽視のトレンドがあって、その波にのって海外に渡ってしまったものって、いったいどんなものなんだろう?という興味が強い。
浮世絵のように、包装紙や詰め物代わりに海外に渡った例もあるけれど、ボストン美術館のコレクションの多くは、個人コレクターが(たぶん)コツコツと買い集めたもの。
とすれば、日本人がいくら売りたいって言っても何でもかんでもというわけにはゆかず、そこには、海外のヒトたちの好みというバイアスが掛かるんじゃあないか。

...なあんて思っていたからでありました。

といっても、ボストン美術館の日本美術コレクションは10万点を超えるとか。
今回は、そこから選ばれた90点。
ああ、そこにも選んだヒトたちのバイアスがかかるかな。

しかし、やっぱり!と思いましたね。

今回目にした者たちは、その多くが大胆で雄大なイメージを纏い、そう多くは無いけれど好きで日本美術を見てきた私には、なんだかちょっぴり違和感。
...自然を恐れ敬い、かつ、細部に宇宙を見るみたいな、それがニッポンらしさと思っていたのとは一線を画す。

日本にあれば、いまごろ国宝級のもの...とか、ボストン美術館展を語るときには、その「ああもったいなかった」的なクダリで語られているけれど。
そして、当時の日本人はいったいどういうつもりだったのか?という非難的なキブンすらそこに見え隠れするようだけど...。

この美術作品たちは、みな狭いニッポンからはみ出したかったんじゃあないんですかね。
みんな日本にいるより、よかったかもね!
館内の作品たちを眺めつつ、いちいち思ったことはそうゆうことで(笑)。

いや、なんだかへんてこな感想ですみません。

今度は、一度ぜひボストンまで飛んで、それらの作品たちが、異国でどんな風に息をしているのか...とか、そこを眺めてみたいなぁと思ったものです。
[PR]
by tao1007 | 2012-05-30 10:53 | 多神教の国の文化

博物館にも初詣

なんとなく新年はこれも一応見ておきたくなって...。
f0108825_21282061.jpg

東京国立博物館前に飾られた門松。
今年もなかなかに見事です。

建物の入り口の左右にももちろんあります。
f0108825_2135062.jpg


向かって右はこんなふう。
f0108825_21352417.jpg

で、左。
f0108825_21365683.jpg

こちらは、松も竹もないのが個人的には不満...ではありますが。

今年は、浅草の金龍も出張してきております。
f0108825_21383631.jpg

そして、お正月は、いつもは閑散とした常設展示もやや混雑しているのが、なんとなくいい感じです。
[PR]
by tao1007 | 2012-01-08 21:25 | つらつらと

トーハクの空海展

台風がこないうちに出かける用事はやっておかなければ...的気分に見舞われ、なんだかあわただしく東京国立博物館へ。

9月4日までと思っていたんですが、なぜか空海展は、9月25日までだったみたいで、あれれ!?
f0108825_22372656.jpg

どうやら、 「孫文と梅屋庄吉 100年前の中国と日本」と混同していたみたいです。
こちらは、日曜日で終了。

なあんだ、あわててこなくてもよかったじゃないの。
と思いつつも、台風が近づいているせいなのか会場内は、思いのほか空いていてこれはこれでよかったかも。
うわさでは、展覧会自体がパワースポット扱いのため大混雑とも聞いて、とすれば、入り口付近のや経典、論文などの”漢文墨文字モノ”などは、たぶんこんなにゆっくり鑑賞できなかったかも。
...って、べつに読めるわけじゃないんですが、空海さん直筆の長~い巻き物なんて、よめなくてもその存在感に圧倒されますもの、やっぱ、ひとごみに邪魔されること無く眺めてみたい。

ほかには、密教の宇宙観を伝える曼荼羅絵とか、東寺講堂内の立体曼荼羅を一部再現したものなどは、もんくなく面白く。それを、ほぼ独り占め的に見られる快感。
あせってきて得しました。

密教の教え奥深すぎて、絵画などを用いなければ理解できないという考え方にもとずいて、密教は美術作品が非常に豊富なんだそう。そうゆうスタンスが、また興味深さを誘い、さらには、そうゆう考え方で密教を日本に広めた平安時代のひとが、いまだ金剛峰寺の奥之院で生きているかのようにあつかわれてもいる不思議。
毎朝、かかすことなく僧侶らの手によって空海さんへと食事が運ばれてゆくのですって...。

博物館の展示ひとつが、そんな、空海そのひとへの関心へと深くつながってもゆきました。

ついでに、「孫文...」もはしごして鑑賞。
こちらは、記録写真の役割と面白さを堪能。できれば、別の日にきて、これだけ集中してみたかったかも。
空海さんのあれこれを見るのでかなりエネルギーを使い果たしました。
博物館のはしごはちょっと無謀ですね。
[PR]
by tao1007 | 2011-09-02 22:33 | 多神教の国の文化


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧