ココロはいつも休暇中



タグ:くちなし ( 20 ) タグの人気記事


くちなしの垣根2013

我が家のくちなしは、まだ依然として咲きません。

が、こちら、谷中名物、ヒマラヤ杉&ミカドパンの対面にある、くちなしの垣根は今が見ごろ。
f0108825_12223475.jpg

こんな調子で、ずーっと先まで続いております。

よって写真をとっていると、かぐわしい香り。
冬の水仙とか春先の沈丁花などと、同じ系統の甘い香りなんですが、くちなしのそれは、比べてみれば、ねっとりまとわりつく感じがない軽さ...のような。

ところで、花の匂いって、受粉のために虫を誘うためってことが主なんですよね?
ヒトは、そのおこぼれにあずかって、喜んでるってだけなんですが、よくよく考えてみれば、花によって香りに強弱があるって不思議です。

よってくる虫を花が選んでいるってことかな?
[PR]
by tao1007 | 2013-07-03 12:20 | 都会の樹草

くちなし開花の季節なれど...。

道を歩くと、ねっとりしつつもかぐわしい香り。
ご近所界隈では、いよいよくちなしの季節に入ったようです。

ほらっ。
今日も道すがらに見つけました。
f0108825_213918.jpg

一重のくちなし。
しかも、端っこがもう変色し始めてるので、数日前に開花したようです。

この写真を撮っているときも、コレでもかっ!という具合に香りを放っております。
たぶん、咲いたばかりよりこのぐらいのほうが香りは強いかもしれません。

っていうか、うらやましいです。

我が家は、大規模修繕のために、今年は、約3ヶ月ほど植木を室内で保管。
日当たりのいい部屋ですが、やはり外とは環境が違ってくちなしには合わなかったようで、たくさんついた蕾も、小さいうちにほとんど落ちてしまいました。
ああ、なんとっ!

それでも数個は残っているので、それの開花を今か今かと待っているところ。
しかし、なかなか咲きませんねぇ。

せめて1輪。
と切望の日々なのですが...。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-16 21:01 | 都会の樹草

我が家のくちなし2013

我が家のくちなし。
今年は、サクラの季節の始まりもはやかったけど、くちなしも早咲き傾向なのかもしれません。

というのも、もうつぼみがポツポツ出始めてしまいました。
f0108825_9442781.jpg

おっ、こっちにも。
f0108825_9441562.jpg

数えたら全部で5個ありました。
ここまできたら、外の空気にふれさせてあげたいなぁ...。

が、今年は、わがアパートの大規模修繕ゆえに、6月末まで植木をベランダには出せません。
うーん。

ちなみに、これまでの我が家のくちなし開花の歴史。
2012年は、6月16日に開花
2011年は、6月20日にツインズで開花。
2010年は、6月21日の夏至の日に開花。
2009年は、かなり大量に咲いた年で、その咲き始めはなんと5月下旬
2008年の花は、こうしてみるとずいぶん大輪でした。

このままいくと、くちなし2013年バージョンは室内で咲いてしまうということですね。
すまん!くちなし!
[PR]
by tao1007 | 2013-04-11 07:38 | 都会の樹草

我が家のくちなし2012

今年のくちなしもそろそろかなぁ...と思いつつ、昨日まで東北の街。

一夜あけて、ベランダをみれば...。
f0108825_1557758.jpg

おおっ!咲いてます。
一輪ですが、しかも、例年より小粒ですが、咲いています。

...というより、もう数日前に人知れず咲いていたという感じ。花びらが黄色味がかっていますものねぇ。

ちなみに、昨年の我が家のくちなしは6月20日にツインズで開花。
2010年は、6月21日の夏至の日に開花。
2009年は、かなり大量に咲いた年で、その咲き始めはなんと5月下旬
2008年の花は、こうしてみるとずいぶん大輪でした。

...と、いいかげんにしましょうか(笑)。

ちなみに、このくちなしの鉢は、2005年に季節はずれで安くなったものを購入。一時シゴトが忙しすぎてその存在を忘れ→枯らす→なんとか世話をして1輪だけ咲く年を経て、今にいたります。

植木自体もずいぶん大きくなって、2回ほど大きな鉢に植え替えました。

我がご近所には、くちなしの生垣とか大木とかがけっこう多く。
それらを目標にして、花の終わった頃には、今年もしっかり世話をしたく思います。
[PR]
by tao1007 | 2012-06-16 15:56 | 都会の樹草

ゴージャスくちなし垣根2010

ということで、いまや谷中の象徴的スポット、「みかどパン」とヒマラヤ杉のある三叉路。そこに密かに伸びるくちなし垣根を観察しにさっそく出かける。

f0108825_10102361.jpg

...いや、もう相当前から咲き始めているようですね。
角を曲がる前からくちなしの香りの存在感。
ここまで満開ならば、それも納得です。

ちょっと引いて眺めてみましょうか。
f0108825_10151521.jpg

ここは、あるお寺の参道でもあり、普段は、ほんとに地味にひっそりとした道なのですが、この時期に限っては、香りも姿もあでやか。
ここの垣根にくちなしを植えたどなたかに、感謝したくなる光景です。
ずいぶん咲きましたけれど、良くみれば、蕾もまだ残っておりますので、もう少し楽しめそう...かな?
[PR]
by tao1007 | 2010-06-22 10:00 | 都会の樹草

夏至のその日にくちなしの花咲く

国立天文台の情報によれば、日の出4時25分、日の入り19時ジャストの夏至の今日。
この日が、1年中でいちばん昼が長いと解っていたかのように、我が家のくちなし無事開花。
f0108825_9514842.jpg

たった一輪でも、香りは充分にかぐわしく。

我が家が咲いたとなれば、あの場所の今年のくちなしはどうだろか?...と。
さっそく行って見なくちゃだわ。
[PR]
by tao1007 | 2010-06-21 09:48 | 都会の樹草

我が家のくちなし

代々木上原などという、私にしては、珍しい場所で友人とランチ→お茶。
特に、お茶した人気のドーナツカフェは、谷中のような路地奥の古い家で、2DKの木造平屋を最小限にリノベーションをして、まことにいい感じだ。
化粧室を借りれば、ほのかな香り。
芳香剤の変わりにくちなしが飾られていて、さらに好感度がアップした。

最近、こうした、既にある古いものの中に価値を見つけて、大切に使う...という感じのことが、やや静かに流行りだが、私は、そこにもともとあった日本人のDNAをみるような感じがしてホッとする。
こんな風なこと・もの・場所が、これからももっと増えるといいのになぁ...とも思う。

全部壊して、捨てて、新しくする...みたいなところに無駄なお金も労力もかけないで済めば、対してその中で繰り広げるソフトにエネルギーをかけ、一生懸命考えられて工夫され、そこには、いつもユニークで新しいものが登場するんじゃないかなぁ。
なぁんて、ドーナツ食べながらこんなこと。大げさかしら?

さて、家に帰って我が家のくちなし。
f0108825_1402310.jpg
昨年は、6月上旬には満開でしたが、今年は開花が遅いみたいです。
でも、蕾がパンパンに膨らみ、もう少しな感じです。

ゆっくり咲くならもしや今年もまた満開かな。と、期待も大きく、我が家もここから少し、室内に飾る分をいただこうかと思ったりして。
[PR]
by tao1007 | 2010-06-18 13:52 | 都会の樹草

くちなしの垣根のその後

我が家のくちなしは、もうすでに花の時期を終え、若い葉っぱをどんどん伸ばし始めての段階に。
まあ、それはそれで清々しいが、まだもっと楽しみたいなぁ...。
そうだ、あそこはどうなった?
と、向かってみれば、いまだ花の姿は見えない曲がり角のあたり、もうかぐわしいくちなしの香りが漂ってきた。えーっ???

なるほどこんだけ咲いてればそりゃそうです。
f0108825_1127296.jpg

この香りがかなり好きなもんでして、しばし、垣根の端から端までいったりきたり。

ここの、くちなしは3種類ぐらいの苗を順次植えていったらしく...。

まずは、一重のくちなし。
f0108825_11291079.jpg
くちなしの花が白すぎて、どう撮ってもハレーションを起こしてしまいます。ご勘弁。

で、これは、我が家と同じ小ぶりな八重。
f0108825_11301156.jpg


そして、大ぶりなのもある。
f0108825_11304837.jpg
これなんか、バラみたいな華やかさですね。
そういえば、バラと言う花も姿ばかりではなく香りもずいぶんかぐわしく。
いにしえには、縁のあるもんなのでしょうか?

なんだか、旧古河庭園のバラ園にでもいってみたくなりました。まだバラ咲いてるかなぁ...。
[PR]
by tao1007 | 2009-06-30 11:23 | 都会の樹草

くちなし垣根の様子

f0108825_9251394.jpg

例のくちなしのゴージャス垣根。
6月12日時点では、こんな感じでまだまだですが、この花は、少しずつ順番に咲いてゆくので、これからけっこう長く楽しめるかと。
と言うことは、写真を撮っている間も、ふわりと漂うくちなしのこの良い香りも、同じく長く...ってことです。
[PR]
by tao1007 | 2009-06-13 09:20 | 都会の樹草

しろ、黄色、マーブル、茶色

我が家のくちなしは、ただいま満開。
f0108825_7525385.jpg

ただし、桜などとは違って、この花はパッといっせいに咲くことはなく、ひとつひとつ順番に咲くといった感じで花開き、開花後は、順次、白→黄色→マーブル→茶色とその花びらの色を変えながら枯れてゆく。

昨年までは、ベランダに出しっぱなしで気がつかなかったが、部屋に入れて毎日眺めてみれば、この変化じたいがなかなかに趣き深い。

まずは、白い花。
f0108825_7574233.jpg

咲きたての初々しさとか清々しさとか...。あの良い香りもこのときがいちばん強い。

次いで花は、やや黄色味をおび。ちなみに、右の薄茶の花は形も崩さず色を変え、美しいコサージュにでも出来そうな具合。
f0108825_759567.jpg
マーブルへと移行。
f0108825_7593479.jpg
徐々に薄茶に変化して、マーブルと並べて見れば尚興味深く。
f0108825_80677.jpg
最後の茶色もよくみりゃそれはそれで美しい。
f0108825_804075.jpg

なかなかに手の込んだ枯れ方をするものです。
人間も見習うべきかとくちなしを眺めながらつくづくと。

ふと、他の植物もよくよく観察すればこんな風なのか?!と思いつく。
いや、思いついたからってどうなるわけでもないんですけどね。さて、あのくちなしの垣根はどんな具合になってますでしょか?
[PR]
by tao1007 | 2009-06-11 13:56 | 都会の樹草


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧