ココロはいつも休暇中



極寒・頭痛・チョコレート

2014年1月15日は極寒。
朝から頭痛がひどく、それでも所要があって、無理やり外出したら、刺すような寒さ。
さらに、頭がずきんずきんと痛みが増すじゃあありませんかっ!

「おしゃかさまぁ~。アタマの緊箍児(きんこじ)をとってくさぁ~い」
と独り言ちつつ、なんとか用事をすませ帰路。

※緊箍児(きんこじ)って孫悟空の頭についてた金色のあれね。つまり、「悪さをしてお釈迦様にいさめられているかも私」ってぐらい頭痛がひどかったって比喩でして...。
ああ、まどろっこしい(苦笑)。

ようよう家にたどり着き、やや暖かめの室内に入ると、やや頭痛やわらぐ。
で、今のうちに、葛根湯を飲むか(私は頭痛をコレで治す。頭痛薬は使いません)、甘いモノでも食べるかと悩み(なぜ?)。

コチラの勝ち!
f0108825_14275115.jpg

葛根湯の入ってた棚に、フェアトレードのチョコレート(無印良品で靴下と一緒に買いました)があったもんで、ああ、コレ食べたい。
となりまして、ひとかけ食らう。

すると...。

なんでしょうか?頭痛がどんどん遠のいてゆく~~~。
すっかり完治したのでありました。
びっくり!

頭痛には、甘いモノ?それともカカオ豆なのか?いやいや、単なる偶然?
ちなみに、どちらも、乳製品入らずのビターチョコであります。
パッケージがかわいくジャケ買いしといてよかったかもなぁ。
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-15 14:21 | 食べること

今年の初買いは、MUJIの靴下

先日、KITTEの無印良品にはなかったので、やや諦めモードになっていた、MUJIの靴下。
なんと灯台下暗しで、よく行く上野の無印良品にたんまりとありました。

しかも、50%OFF!
ラッキー!
f0108825_15271627.jpg

まあ、なんてことないチェックの靴下なんですが、これがめっぽう丈夫なんです。

私は、とにかく歩くのが好き。
ちょっとの距離なら、電車に乗らす、バスにも乗らず、とにかくガシガシ歩きまくる。
と、靴下の親指があっさりと抜けてしまうんですよねぇ...。
で、ある日、安物ソックスだからかなぁと、少し高めの丈夫そうに見えるモノを買ってみても、1ヶ月もはけば、親指がやっぱり抜ける。
...ああ。

が、この靴下のみは、それがなく。以前買ったものは、もう半年以上もびくともせずに持ちこたえております。(同じ、MUJIの足なりソックス、紺、黒のほうはあっさり穴が開きます)
なので、もっと買い足したかったんですよねぇ。

...しかし、今、50%OFFってことは、もうこの靴下は生産中止?
しかたないので、色違いで3足も買った次第。

で、半値で浮いた分で、20%OFFのこれからも売られそうなバージョンもGET!
(グレイのやつね)
こっちも、丈夫だったらいいなぁ...と願いを込めて、ちょっと記念写真を撮っとく次第。
タグ付きなのはご愛嬌ってことで(笑)。
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-14 15:25 | 素敵なモノ

今年の初読書は、怖い本

毎年、最初に読む本は、正月らしい本にしたいなぁ...と思っている私です。
たとえば、希望あふれる本とか、そこはかとなくココロが落ち着く本とかを読みたいってことですが...、なんと今年初読書は、非常に怖い本に当たってしまいました。

f0108825_159363.jpg

現役官僚が、覆面作家として書いた「原発ホワイトアウト」。

小説なので、つまりフィクション。
しかし、そうゆうカタチを取っているものの、もうさもありなん、あるだろうなぁ...という内容です。

世の中は経済の原理で廻っているのはしょうがないとしても、ここに描かれているカネの流れはそうゆうご立派なものではない。
国の基幹産業としての品格と責任、あるいは、国のリーダーとしての能力を持たないヒト(ヒトたち)が、単にその権力を保持するためってだけに流れているカネの威力を書いた本。

それが、今回の原発事故を呼び起こし、さらにこの小説では、次なる原発事故までも...呼ぶ。

とりあえず、今の時点ではフィクションである次なる原発事故のシーンは、本気で怖く。
そこに至る、電力会社の集金システムとその後の権力保持に使うためのカネの流れ、および、その流れを守るためのなりふり構わないやり方はもっと怖い。

...正月最初に読んだ本がコレかぁ...と暗澹としつつ、日本人なら読んで自分なりの意見をまとめておくべきかもなどと思う。
本の帯には、18万部突破!と踊っているけど、もっとたくさんのヒトが読むべき本かもしれませんね。
正月早々じゃなくてよいけれど(笑)。
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-13 15:04 | 読書する

kitte詣でにも行ってみる

金曜・土曜といきなり寒く。
今シーズンは、インフルエンザの予防注射も受けそこなったしなぁ(というか、新型インフルのワクチンになってから注射するとなぜか体調激悪に)...と外出を自重。

しかし、開けて日曜は、なんだかちょっと気温が高く。

となるとちょっと外出したくなるのよねぇ~!

ということで、昨年オープンして以降、東京でもっともお気に入りの商業施設KITTEへGO!
吹き抜けの飾りはどんなかなぁ~!

...うーん、こんなでした。
f0108825_14313581.jpg

バーゲン仕様かぁ。
おかめさんの福わらいのデザインは正月らしくて面白いけど、もしや、これとは別に正月モードのやつがあった?
...とか。
いや、バーゲンが1月2日からだったみたいだから、これが2014年最初の吹き抜け飾り。
って、これまでの凝りようから考えるとやや納得できないなぁ...。


それでも、本屋を隅々まで見て、雑貨のショップも隅々までリサーチ。
無印良品には目当てのモノがなかったのでここも見るだけにて、代わりに、いろいろアイデアをGET!
...したから、まあいいか。

えっ?
もちろん、何も買いませんよ。
今年もバーゲンには躍らされず、良いモノをたくさん見て、目を肥やし。
そして、仕入れたアイデアをカタチにする、つまり、ちょっとはアウトプットをしてみたいものです。

ということで、今年もよろしくね。KITTE!
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-12 14:27 | つらつらと

材木屋さんの正月飾り

ある時、何かの拍子に画像検索。
検索ワードは、このブログ記事のタイトルと同じ「材木屋 正月飾り」。

で、出てきたそれがめっぽうすてきなんでして、密かにココロ惹かれます。
たとえばこんな風...。

材木をきちんと平らかに並べたキャンバスにその年の干支を描いて、道行くヒトに新年のご挨拶をしているってわけですね。
いいなぁ。
さすがの谷中にもこんな素敵な光景はないし、うらやましいなぁ。
などと思っておりました。

が、見つけました!
f0108825_1357497.jpg

規模は違うし、絵もないし...だけど、1本の材木にさらっと書かれた風の「謹賀新年」と幾何学模様が素敵です。
派手さの点ではいまいちですが、それがかえってわが町らしくも思えたり。

ちょっと得した気分であります。
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-11 13:20 | つらつらと

続・七福神巡り2014

さあて、休憩をすませまして、お次は、寿老人さんのもとへ!
寿老人さんは、谷中霊園と並行して走る細い道・初音通の中ほどにある長安寺にいらっしゃいます。
f0108825_12492938.jpg

こんなお姿。
数年前に大病をした私にとっては、ご利益「長寿」の寿老人さんはココロの強い味方。個人的にはもっとも外せないお参りです。

さあ、初音通りを日暮里方面へ。
左手に夕焼けだんだん(階段)と谷中ぎんざの看板を眺めながら御殿坂をわたり、西日暮里ほうめんへ直進。

左手にもはや富士の見えなくなった富士見坂が見えてきますので、そこを下って、右折。
そこに、布袋さんがいらっしゃいます。
f0108825_12545682.jpg

修性院の塀に描かれた布袋さんは、子供たちの人気者。いや、じっさいそのような伝承を持つカミサマなんですが、このお寺にいらっしゃるその方は、この壁絵のようにかわゆくはない。
どちらかというと、まあ、大迫力の持ち主ですね。→こんな風貌です。(上から3番目の写真)

布袋さんのいらっしゃるお寺の隣が、恵美寿さんのお寺。
f0108825_1259646.jpg

星雲寺です。
この寺は、かつて、となりの修性院とともに、花見寺とも呼ばれ、その石碑もたっております。
f0108825_1303983.jpg

達筆すぎですが...。

そして、こちらが恵美寿さん
f0108825_132271.jpg

毎年お会いし、やはりその美しさにほれぼれとします。

さあさ、いよいよフェニッシュ!です。
が、星雲寺は西日暮里駅の最寄り、最後の福禄寿さんのいらっしゃる東覚寺は田端から徒歩3分。
実は、ココからがやや遠く一駅分ありまして、土地勘を屈指して、路地を巡ってとにかく近道をとります。
土地勘のない方は、七福神めぐりの御朱印を押す色紙を求めると、かならず地図がもらえますので、そのルートどおりが結局近道となりますのでご注意を!
...って、来年の話ですね。

ああつきました。
f0108825_1371010.jpg

山門をくぐると、いろんな仏様がいらっしゃり、この賑やかさがお気に入りの理由の一つだったりします。
f0108825_138161.jpg

そして、この本堂の裏手には、庭園があって、そこには、七福神さんたちがうちそろっている。→こちらでどうそ!

そして、福禄寿さんです!
f0108825_13111626.jpg

巻物をこちらに差し出すお姿が理知的なカミサマです。

ということで、今年も無事に谷中七福神参り終了!

最後は、東覚寺山門横にある赤紙仁王さんにもご挨拶し、夕日を背中に家路へと。
f0108825_13154094.jpg

ああ、今年もつつがなく過ごせそうです。
ありがとうございます谷中のカミサマとホトケサマ方。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

...忘れてました。肝心なモノ!
f0108825_14451687.jpg

七福神スタンプラリーの証拠。
いや失礼、お参りしたお寺でいただいた、カミサマ方の御朱印です。

毎年見てるけど、やっぱり美しくて好き。
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-10 19:10 | 多神教の国の文化

七福神参り2014

谷中七福神参りは、元旦~1月10日までの恒例行事。
私も、今年で7年目のお参りとなりました。

で、いつもは、余裕をもって1月6日にはお参りさせていただくんですが、今年はダラダラと、いよいよ最終日の1月10日が近付いております。
うー、まずいまずい。

ということで、本日お参り決行!
いつもはご近所の田端・東覚寺の福禄寿さんからお参りスタートなのですが、今年は逆に上野・弁財天さんから廻ってみることにしました。
上野駅まで電車で行き、上野公園側から不忍の池へ。
奥に見えるのが、正式名称・東叡山寛永寺弁天堂。
この中に、七福神のおひとりにして、唯一の女のカミサマ・弁財天さんがいらっしゃります。
f0108825_11475311.jpg

...と、いきなりすいてるみたいですが、ホント!?
こちらは、休日はもちろん、平日だって、例年七福神詣の方で列をなす場所なんですが??

おおっ!やっぱり空いています。
ただいま、午後2時を回ったところですが、このタイミングがもしや一番空いているのかな?
f0108825_11501620.jpg

例年は、10時ぐらいに田端・東覚寺をスタート。
のっけから長い列に並んで待って、途中の5人のカミサマはそうでもないのですが、最後の弁財天さんには、日暮れ直前の午後4時すぎぐらいに着いて、またも延々並ぶって感じなんですが、...。
もしや、午後イチスタートで、反対周りのほうが効率がよい?

お参りを済ませ弁天堂から外へ。
f0108825_124750.jpg

おおっ!ここの参道は、上野公園内の清水観音堂にまっすぐつながっているんですねぇ~!
とにかく、遅れをとったわりには順調なスタートですっ!

上野公園と不忍の池の間の細い道を、動物園をつなぐモノレールの線路をくぐりながら次のカミサマのもとへ。
f0108825_1221034.jpg

道なりに行って、交番のところの坂を右折。
こんな風なお店も目印です。
f0108825_1294476.jpg

ここは何屋?
納豆の卸しをしているお店らしいのですが、小売りもしてくださるらしい。
f0108825_1295973.jpg

毎年、1つ買おうかな...と思ったっきり、結局、見るだけで通り過ぎます。

さらに道なりに行き。
もうカフェタイムにしたくなるわたくし...。
f0108825_12113850.jpg
が、坂の途中にある、カフェ&ギャラリーMoineau(モアノ)は、お休みでした。
ああ、残念。
ってか、まだおひとりしかお参りしてないじゃん!

さらに、坂を道なりにのぼり...ああ、着きました!大黒天さん
f0108825_12162351.jpg

正式には、護国院大黒天。

f0108825_12201871.jpg

この寺には、三代目将軍・徳川家光から奉納された大黒天画像が現在も。
もちろん、見ることも可能です。

さあ、さらに進みましょう!
大黒天から通りに出ると、お隣は東京芸術大学。その際を進むと、すぐに左手に和菓子・桃林堂が見えてきます。
おっ!ここにも七福神仕様の幟が!
f0108825_12254390.jpg

宝船もきちんと描かれておりますよ!
f0108825_12261022.jpg

ああ、休憩したいなぁ...。
って、またかよ。

しかし、そのまま進みましょう。

桃林堂の横の細い道を直進。ああその先には、カヤバ珈琲があるんだなぁ...。
って、ああ、またか。
なんか、近頃、七福神めぐりのルートに誘惑されるもの多数。
この7年で、気の利いたお店が増えたってことでしょか?
それとも、私が怠惰すぎ?

さあ、我慢して先へ先へ。

見えるのは、谷中霊園の桜並木。
この並木を越えたあたりに、次のカミサマ毘沙門天さんがいらっしゃいます。
f0108825_12333343.jpg

ほら!幟が見えましたっ!
f0108825_12362069.jpg

毘沙門天さんがいらっしゃるのは、谷中霊園に隣接した大きなお寺天王寺。
f0108825_12354681.jpg

庭園も見どころ。
しかし、毘沙門天さんは、お堂の奥の方にいらっしゃって例年遠くから拝むのみ。空いてるときなら中に入って近くで拝むのもオッケーなんだそうですが...。
本日は、拝殿前に列。さすがに遠慮いたしました。

で代わりに庭の意匠を。
f0108825_12391480.jpg

...というところで、いよいよ、ちょっと休憩欲求!

続きは明日ということで、つづくっ!
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-09 11:37 | 多神教の国の文化

ご近所のカミサマに初詣

そういえば、ご近所のカミサマへのご挨拶がまだだっ!と思い立ったのはもう夕刻。
どうしようか...と思ったけれど、やはり思い立ったが吉日ということで向かう。
f0108825_18565792.jpg

急いで向かうも、徒歩10分のところにいらっしゃる諏方神社は、もうとっぷりと日が暮れて...ああ、冬の日暮れは早すぎますね。

それでも、正月に飾られる干支灯篭が美しいです。
近くで見るとこんな感じ。
f0108825_18592730.jpg


この干支灯篭は、この神社では新春&夏の例大祭(金魚で統一)のときに欠かさず掲げられるものでして、2003年春にこの地に引っ越してきて、翌2004年からずーっと楽しみにしていることのひとつ。
といっても、このブログに登場させたのはずーっと後からの2010年の寅年からみたいです。
なので一応リンクを!

2010年、2011年、2012年、2013年

うーん、こうして並べちゃうと、やっぱり、十二支全部ブログに登場させたいなぁ...と思う。
あと8年、この地に住んでいるだろうか?

正月早々なんだけど、そろそろ移動したいモードになってるのは事実なんですよねぇ。富士山もみえなくなっちゃったしさ。
(2013年6月。不忍通り沿いにマンションが建ち、富士見坂からは富士山がまったく見えなくなってしまいました。...残念ずぎ。)

まあ、それはそれ。
翌朝、再度お参り。

日の光の元で見ると、やはりなかなかの駿馬のようです。
f0108825_19314825.jpg


...って、あとからその日現在になり切ってこのブログを書いているのでできる技。
ああ、正月早々、エンジンかからずにて、ためにためてしまいましたっ!実は、本日は1月19日だったりします(苦笑)。
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-08 18:54 | 多神教の国の文化

あっという間に七草粥

年が新しくなったと思ったら、あっという間に七草です。

今年も無事、スーパーマーケットから七草をGET!
一応、中味を確認しながら、七草の復習をしてみました(笑)。

まずは、「芹(せり)」
f0108825_1757186.jpg

これは、味噌汁の具などでもおなじみの食材ですよね。ちなみに、私の故郷では、お正月も雑煮に入れて、薬味的に楽しみます。

「薺(なずな)」
f0108825_17583469.jpg

ぺんぺん草です。江戸時代には、かなりポピュラーな食材だったらしいのですが、現代では、八百屋&スーパーで売られるのは七草としてだけですね。
もう少したったら、あちらの路地、こちらの空き地とかいやというほどお目にかかれるかわいいやつです。

「仏の座(ほとけのざ)」
f0108825_1833428.jpg

別名「タビラコ」。仏の座というと、春に咲く紫、ヒメオドリコソウに似た花を思い出しますが、こちらは小さな黄色い花が咲きます。
・・・っていっても、東京ではきちんと見たことなかったかも?

そして「御形(ごぎょう)」。今年は小さすぎて存在感在りませんが、右上をよーく見てみてください。
f0108825_18102259.jpg

別名「母子草」。薄緑の葉っぱに、黄色のつぶつぶの花が咲くあれです。江戸時代ぐらいまでは、草餅の材料と言えば、ヨモギではなくこちらだったとか。

「菘(すずな)、蘿蔔(ずずしろ)」は、わかりやすくてよいですね。
f0108825_18152585.jpg

菘=蕪、蘿蔔=大根です。
ちなみに、菘はもう少し小さいとかわいいのになぁ。今年は、どーんとした存在感。

そして最後になりましたが「繁縷(はこべら)」(中央)を。
f0108825_1818171.jpg

本当は「せりなずな、 ごぎょうはこべらほとけのざ、 すずなすずしろ、 これぞ春の七草」と韻を踏んで覚えたとおりに写真を撮ろうと思ってたんですが、途中で順番間違えました(笑)。

しかも、今年の七草セットははこべらが多すぎ。
f0108825_18204674.jpg
こんなにたくさんあって、全部入れたら七草粥ではなく、はこべら粥になること必至ですよぉ。

少しとって、残りは味噌汁の具ですね。

さあて、古式ゆかしい作法にのっとり、「七草なずな、唐土(とうど)の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、七草なずな」と、はやし歌を歌いながらこれら七草を包丁で切り刻みますよ!
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-07 17:20 | 食べること

今年のうずまき第一弾!

というか、かなり久しぶりの渦巻きコレクションです。
f0108825_2253383.jpg

しかも、ただの白菜なんですけどね。

こうしてみれば、やはり立派な渦巻きです。
[PR]
# by tao1007 | 2014-01-04 22:52 | うずまきとハート


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧