ココロはいつも休暇中



<   2013年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧


鎌倉土産

昨日、友人宅の庭からいただいたローズマリー。
f0108825_11255967.jpg

電車に乗って帰る道々もなんとも良い香りを放っておりました。
それを水にさし一晩。

翌朝、キッチンのあたりは、チキンの香菜焼き的な香りで満たされておりまして。ああ、あれってほぼ、ローズマリーの香りなんだと納得する次第。
っていうか、ローズマリーって、チキンの香菜焼きの匂いなんですね。
...んんんっ、どっちだ?

根っこを出して育てるなら、水と土と両方で試してね。
との友人のアドバイスを受け、土にも植える。
f0108825_11261437.jpg

こうして、長々とローズマリーを嗅いでいると、もう今晩のおかずは、チキンの香菜焼き以外ありえない気分です。
[PR]
by tao1007 | 2013-10-31 11:24 | 都会の樹草

いつもの大船⇒鎌倉

3ヶ月に一度の大船の検診。
もちろん今回も結果良好につき、鎌倉の八幡様にご挨拶へ。
f0108825_1123927.jpg

よく晴れた日は、平日でも鎌倉は賑やかで、八幡様の境内には、七五三のお子様も多数。
イチョウバージョンの絵馬も、ベーシックな白馬のものよりこころなしかたくさんおさめられているみたいです。
f0108825_11232725.jpg

私も収めるならイチョウの紅葉ばーしょんかなぁ。
といっても、こんなのを求めたら家に持ち帰りたくなってしまうので、絵馬は基本見るだけなんですけどね。

あっ!巫女さんみつけっ!
f0108825_11233631.jpg
といってもシャッター押すのが遅くてこんなへんてこりんな写真に(笑)。ぎりぎり間に合ったんでまあいいか。

八幡様のあとは、いつものように、鎌倉在住の友人とランチ。彼女は、ジモティーでもあり、かつセンスもいいのでこれまでお店を外したことはありません。
もちろん今回もなかなかに素敵なカフェ風レストランにて、安く美味しいランチにありつき、そうとうに満足です。
がっ!ああ、店の名前を聞いてくるのを忘れました。

で、そのまま、ご自宅にまでお邪魔したりして、さらに長居。

あっ!地震雲!
f0108825_11234660.jpg

って、これが地震雲なんですか?

そうそう、雲の流れる方向に揺れるはずだよ。
とかなんとか。
いや、私の眼には晴れた日ののどかで美しい雲にしか見えません。

そうしてダラダラとお邪魔して、夕暮れ近くなりやっと重い腰を上げる。

病気をしてから、はや5年。
3ヶ月に1度の検診が、次回からは半年に1度になりまして、今度は、散策のためだけににココにやってきたいと思っております。
[PR]
by tao1007 | 2013-10-30 11:22 | つらつらと

10月29日の日の出

10月も下旬になると、いつもの5時起きも、夜中に起きている気分です。
つまり、あたりはまだ闇。

それもそのはず、国立天文台によれば、10月29日の日の出は6時。
といっても、それは、地平線に太陽が半分だけ顔を出す時間なので、ビル林立の都会では、そこから待つこと約30分。

本日6時30分の日の出です。
f0108825_1854085.jpg

ああ、今日も晴れそうですね。(と思ったら、くもりのち雨でした...)

ちなみに、こうしてやーっと出たおひさまも、本日の日の入は、16時49分。
4時半に日が出て、19時まで明るかった夏の日々がウソのようです。

1年は本気で早いですねぇ...。

しかし、この日の出。
実は、この方向に背高なマンションが建ち、今年いっぱいの楽しみとなってしまうようです。

ああ、残念だなぁ...。

なので、今年はちょっと多めに日の出観測を実施しようかなぁ...と。その後は、日の出が見えないのはちょっとつまらないので、場合によっては引っ越しも。
って言っても、状況が許せばですけどね。

これも、消費税増税前の駆け込み工事なんでしょうね。
わが町は、日々、どんどん古い家が壊され、更地になって、意味なく背の高い建物が建つ。
以前より資金に余裕がないのは見え見えで、いづれもなんだか安っぽいモノばかりです。

こんなことばかりだと、味ある下町谷根千も、ペラペラ面白味のない街になってゆくかもなぁ...ああ。
これって、幸せとは程遠い現象かと、個人的には思うのですが、どうなんでしょうね。

アベノミクスっていいことなの?
ちょっと時代のセンスに合わないんじゃあないの?
[PR]
by tao1007 | 2013-10-29 11:19 | 定点観測

燕三条から来た万能すぎる灰汁とりお玉!

昨日の商店街冷やかしにて見つけたモノがもう一つ。
灰汁とり専用のお玉ですっ!
f0108825_11211454.jpg

普通のお玉の中央が網になっているというシンプルな工夫があるだけですが...。

灰汁を採りがらく~ぅ!
f0108825_11212854.jpg

古い商店街の空いた店舗に時々やってくる期間限定の出店...みたいなものが私は好きで、昨日開催されていたのは、新潟燕三条の金物市。

他にも、立派な包丁とか、剪定ばさみとか、鉄鍋なんかもいろいろあってなかなかの充実度でしたが、いかんせんそうゆう大物は値段も大物。
まあリサーチのみってことですが、よくよく探せばこうゆうアイディア商品系の扱いも豊富。

ちなみにこちらは、300円。

以降、昨晩から、灰汁とりが楽しくて、いつもはうっちゃっとく少量の灰汁も、せっせととってみたりして(笑)。
これなら、スープストックもにごりなく、上品なモノが作れるかもしれません。
[PR]
by tao1007 | 2013-10-28 11:20 | 素敵なモノ

きのこのおいしい季節で大量に買いすぎ

台風一過の翌日はやっと晴れ。
晴れれば晴れたで、外出虫がうずき出し、本気でやること満載なのに外出。

商店街を冷やかして歩けば、キノコが大量に安売りされておりまして...。
ハッと気づけば、誰がこんなに食べるねん?!というほど買い込んで、仕方ないので、ランチに野菜といためて食し、余った分は手で裂いて、天日に干す。
f0108825_1119641.jpg

うーん、おひさまを浴びて気持ちよさそうですねぇ。
こうすると若干日持ちがするようになり、調理するにしても滋味あふれて美味しい。

実際、多くの野菜&キノコ、果物類は、干すと美味しくなるものでして、昨年などは、プチ流行しましたよね。

しかし、じっとり暑い夏の日々には不向き。
台風などの悪天候も続き、そういえば、すっかり「干し野菜生活」を忘れておりました。

しばしこんな天気が続くのならば、ちょっと干し生活を復活してみようかと思う次第だったりもします。
[PR]
by tao1007 | 2013-10-27 11:17 | 食べること

またも台風

10月25日夜半から26日にかけてまたも季節外れの台風来襲。
f0108825_17291287.jpg

こんな日は、じっと室内にてやらなきゃならないことを片付けなくちゃと思うのですが、そうも問屋は卸さず。
朝からヒトに会ったり、住居関連の用事やら、ついでにご近所に遊びに行ってしまったり...。

...うーん、ばたばたして何もできなかった1日かも。

どうも近頃こうゆう日が多すぎです。まずいなぁ...と思いつつ、眠気には勝てず早々と就寝。
(と後日書いております。ああ...)
[PR]
by tao1007 | 2013-10-26 17:33 | つらつらと

つい食べちゃった、ミスタードーナツのチョコフェア

いつもは、コーヒー飲んで長居をしたいときにいくミスタードーナツ。
...なんですが、ときどきとんでもない誘惑。

「生チョコリングパイ、美味しいですよ~!」のススメにあらがうことはできなかった。
f0108825_1116208.jpg

ひとくち食べたら本気で美味しいっ!

ということで、我が歯型もなんのそので記念撮影した次第。
ちなみにコレ1個で、305kcal!!

やばいですね。
しばらくは、ミスタードーナツに近づかないようにしなければなりません。

それにしてもわたくし、ちょっと寒さの兆しが感じられる今頃になると、ドーナツ食べてるみたいです。昨年の今頃は、ハロインドーナツにほだされておりました(笑)。
[PR]
by tao1007 | 2013-10-25 11:14 | 食べること

いきなり寒いですので湯たんぽを

昨日までは、上着もいらない暖かさだったというのに、今朝ほどからいきなり寒い。
とりあえず、プチ寒さ対策はしときゃなきゃと、湯たんぽを出しました。
f0108825_11152168.jpg

一応、まだ小さいほうってのが、まだ秋という季節に執着したいってのがあるからでして...。
だってね、調べたら、昨年、湯たんぽを始動させたのは11月17日。その前年が11月10日

ああ、今年は早すぎだわぁ!

近頃、長い酷暑から、数日の秋を経ていきなり冬って気候がトレンドで、私としちゃあ、せめて、ひと月ぐらいの秋が欲しい。

って、実際、ここまで温暖化が言われる前って、何月ぐらいが秋だったのかしら?
9月、10月、11月中旬ぐらい?

今年は、10月中旬ぐらいまで夏だったもんなぁ....。

なんか、カラダもアタマも軽く混乱しそうです。
[PR]
by tao1007 | 2013-10-24 11:14 | つらつらと

コムデギャルソン2013年秋冬モノからセーターを

先日、勢いユニクロのフリースなど買ってしまったものの、ここ数年、服は、春夏と秋冬に1~2着ずつコムデギャルソンでとなりつつある。
といっても、今年は秋冬モノはいらないかなぁなどと思い、ギャルソン視察(見るだけってやつね・笑)もなんかやる気がなかったんでした。

しかし、先日、やっと夏物のメンテナンスを終えて、秋冬と入れ替え(といっても数が少ないので、引き出しの奥と手前を入れ替えるだけですが)を終了。
ふとみれば、気に入りのグレイのセーターが、もう外出着にはいかがなものか?的なくたびれ様でちょっとがっくし。

にわかにセーターを1枚新調したくなったのでした。
で、一応、安めの無印良品とかユニクロも眺め、そのままコムデギャルソンにも足を向ける。

やっぱねぇ。
長く、しかもおしゃれに着るならココのブランドの服はいいねぇ。
と、グレイのセーターを一着購入。
f0108825_12522440.jpg

見ごろ幅が大きいですが、試着したら、丈が短いせいかダランとならずに、いい感じに着やせして見えてびっくり。
あと、首回りのアキのバランスがいいのか、私の寸胴短首でもなんだかちょっと長細く見えるってのがその理由なのかな?

もっとも決め手になったのは、この編地の反転遣い。
f0108825_12523827.jpg

表編みを裏側に、裏編みを表面に出した。
しかもセーターの綴じ目も外側にあるってところが面白い。

つまり、タグが出ちゃうのを気にしなければ、リバーシブルで着られるというところが、やっぱコムデギャルソンだよねぇ。

ちなみに、くたびれ具合にがっかりした今までのセーターもコムデギャルソンのもの。タグを見たら、なんと15年も着続けてたみたいです。
そちらもカタチは好きなので、何かリフォームして使えないかなぁ...と。
いやいや、古着ショップに送ってみるか?

コムデギャルソンは、どんなに古くなったり、擦れたりしても、古着やさんに買ってもらえるってのもすごいところ。だから、処分するときの後ろめたさもちょっと少ない。
コレクターでもいるんですかね?

多少単価は高くとも、やっぱ良いモノを買っておくに越したことはないという見本みたいな服です。
少しだけ買えば、家計を圧迫することもないしね。

ということで、今年のお買い物はコレでしまい?
いや、ユニクロのダウンベストをどうするかってのがあったかしらん?
[PR]
by tao1007 | 2013-10-23 12:51 | 素敵なモノ

半沢直樹のスピンアウト物語のようなテイスト

空飛ぶタイヤを読んだら、やはりまたしばらくは作家池井戸ワールドにひたりたくなる。

池井戸潤氏の描く世界は、ほぼ銀行とモノづくり系中小企業を舞台にしたもの。
そして、勧善懲悪なエンディングが痛快である。

モノづくり企業には興味はあるけど馴染みなく。
銀行も収入の振込みと預金ぐらいで、その内情がどうなってるかなんて考えたこともなかった。
どちらにもなじみがないっていうのに、なんでこんなに面白いんでしょうね。
やっぱ、もう劣化いちじるしい大企業の論理に、戦い挑んで、小が勝つってとこの爽快感だろうか?

さて、そんなことをつらつら考えながらひょいと古本屋さんの棚を見たらこれがあった。
f0108825_1247930.jpg

「シャイロックの子供たち」かぁ。
このシャイロックって、「ベニスの商人」に出てきた金貸しのことですよね?
つまり、銀行員をシンプルに金貸しと言ってのけたいって趣旨なのかしら?
うーん、興味がわくねぇ。

確か文庫も出てたと思うが、それより安かったのでとりあえず買い!(ちょっと汚い本だったから安かったということですかね)

さっそく、移動中の電車で読む。

舞台は、東京大田区長原駅前にある、東京第一銀行長原支店。
銀行名はフィクションだが、長原駅は実在する。日本のモノつくり工場が集まる蒲田にほど近い、しかし、ちょっと高級住宅地な雰囲気を持つような場所。
物語は、そこでくり広がる銀行員たちの日常を描いた短編集である。
...なのだが、なんだか半沢直樹的に、理不尽、目標達成(とそれにつらなる出世)のためなら、根本から外れても良しとするというゆがみまくった会社の論理に振り回される人々の話。

ああ、日本の銀行員は、ハードであるな。

そして、やはり正しいモノが勝つ的な、エンディングの仕方が半沢直樹と同じく、読者はそこで溜飲を下げるとかホッとするとかというのも似てるかもしれない。

ただし、半沢直樹ほど、大問題でも大ピンチでもないところが、かえってリアリティありで、途中からフィクションであるということを忘れて読んだ。
なあんか、銀行のみならず、いまだどの会社にもありそうな話。

ちなみに本書が出版されたのは2006年。
もう7年もたつているのに、なんかなぁ~んにも変わってないかもなぁニッポン。政治は、アベノミクスなんて言って、やはり旧態依然の経済発展(=金が欲しい、出世が欲しい)を目指しているけど、つまり、ますます、こうゆう問題を抱えたまま進むってこと?
...などとややうんざりもしつつ、最寄り駅。

いったん読書を中断しつつ、でもな、それに似た話が、大人気ドラマとして一世風靡って現象は、そこに風穴を開ける前哨戦なのかな?
などとも思う。

ってことで、しばし池井戸ワールドにもはまりそうです。
[PR]
by tao1007 | 2013-10-22 12:39 | 読書する


カラダもココロも休暇中
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧