ココロはいつも休暇中



<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


夏越の祓いで、中盤戦を〆ます

6月30日は、カミサマに年の前半を無事にすごしたことを感謝して、来る半年の無事を祈るため1日。
多くの神社では、夏越の祓いの行事が執り行われ、その象徴的なものがこの茅の輪。
f0108825_1145374.jpg

ここを作法通りに八の字にくぐり、拝殿でお参りをします。

くぐるとき、「水無月の夏越の祓いをする人は、千歳の命のぶというなり」と唱えると、夏の疫病や災厄から免れるとも聞きますが、ああ、今年も忘れちゃいました。

まあ、しょうがないか。

ちなみに、この茅の輪。
基本形は同じですが、神社ごとでずいぶん印象が違うことをある年発見!
で、またもや、毎年なるべく違う神社へ出向きお参りしているしだいであります。

うーむ、カミサマなんかこう、これって罰当たりでしょうか?
これもカミサマ好きゆえ、お許しください。

で、今年は、ご近所の天祖神社へ。
ご祀神は、天照大神です。

ところで、両脇に飾った草は、なんだろう?
こちらの茅の輪は、そのおかげでか、すごくさわやかで潔い印象ですね。

カミサマ、年の前半、おかげさまで無事に過ごせました。
ありがとうございます。
後半は、さらに、実りある日々でありますように。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-30 11:38 | 多神教の国の文化

神社発行、カミサマ方からのZIN6月号。

神社の拝殿の、お賽銭箱のあたりにそっとある小さな印刷物。
お参りに行くたび、見つければいただいてくるんですが、今年は、コレがはじめてかも。

6月号です。
f0108825_11271095.jpg

今月は、宮沢賢治のことばですね。

誰だって、ほんとうにいいことをしたら
いちばんしあわせなんだねぇ

出典は「銀河鉄道の夜」

ああ、いいですね。
なんか、カミサマからささやかれているみたいです。

以前ほどあっちの神社、こっちの神社とあしげく通うこともなくなったのと、たぶん、コレって意外と人気があって月の後半になるともうなくなっています。
そんなこんなで、ずーっといただけなかったんですが、今月はついてました。

7月は、いろいろ出かけるので、こんどは早々にいただかなくっちゃと思います。
7月はどなたの言葉かなぁ。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-29 14:44 | 多神教の国の文化

先日無印で買ったモノ

先日、無印良品へ小冊子を探しに行って、ちろっと買ったもの。

コレです。
f0108825_118931.jpg

貯まりまくるポイントカードを整理するケース。

ポイントカードって、けっこうバカにならなくて、マメにためれば、時々、本やコーヒーがタダでGETできたり、スーパーのお買い物に使えたり。
日常生活をオトクに送るにはいまやこの活用は不可欠です。

が、私の中に天性からあると思われるケチ根性により、リストラしたほうがいいカードまで捨てられない。
よって、毎日家計簿つけて、レシートはすっきり処分の我がお財布も、
なんだかブタ...なのよねぇ。

で、このカードケース。
収納は12枚。

よく使うスーパー2枚、Tカード、アトレカード以外は、ぜんぶこっちに移し変え。
そして、この機会に入らない分を5枚ほど処分っ!

ああ、それでも、私ってポイントカード類を16枚も持ってるのねぇ...。

あとは、有効期限が切れるたびに捨てるだな。
そして、そうゆうレアな買い物のときはもうポイントカードは作らないandそうゆう店では、「買うを保留」の機会と据える。

...ああ、ゴタクが多くすみません。

たたんだ表側はこんな風。
f0108825_11183777.jpg

実は、500円!
なんで皮ではありませんが、ジーンズのウエスト部に縫い付けられているラベルの素材なんだそう。

この面白そうな素材使用80%+必要性20%が衝動買いの理由かな。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-28 11:05 | 素敵なモノ

またも秋の空?

ずーっと空梅雨だったのが、一昨日・昨日と、思いがけなく大雨が来て、それが激しい雨なんでげんなり。
まあ、ゲリラ豪雨とはならなかったけれど、あちこちで被害もあったみたいです。

で、本日は晴れ。
しかもそう暑く...ってのはいいんですが、空がまたこんな風。

f0108825_114966.jpg


ちょっと前にもこんな空の日があったけど、これって秋の空だよねぇ。
ちがうのかなぁ。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-27 14:50 | つらつらと

無印良品をリサーチすれど...。

雨の中、わざわざ有楽町の無印良品へリサーチへ。

って、目的は、コレ以外の国の小冊子はないんだろうか?ということですが、まったくもってそんなものは存在しません。
ああ、残念。

代わりに、こっちを見つけてもちろんGET!
f0108825_13301928.jpg

無印良品の系列(?)で、くらしの良品研究所というのがあって、そこから出されている小冊子。
こちらは、1号目から見つけるたんびに、せっせともらってきて熟読。
いつも、なかなか良いことが書いてありますし、デザインもステキ。
無料と考えるとバリューの大きい小冊子です。
...小冊子好きなもんで、こうゆうものがあるとちょっとうれしいんですよね。

無印良品は、広報活動とか、商品開発の仕方が、そのまま、その商品を売るための宣伝活動にまでなっている。そのやり方はいまどきはそう珍しくないけれど、やっぱりパイオニアであることには違いない。

さらにIT環境の使い方もたくみ。
公式サイトは、ずいぶん前からブログ的アプローチに手を出していたし、FaceBookやツイッターを使ったマーケティングも早々と成功している気配です。
新しいモノも嫌がらずにどんどん自分たちの武器として活用する動きは、大手流通業の中ではダントツに上手いんじゃあないかしら?

けっきょく、昔から独特の哲学でもって商品つくりをしてきて、その履歴それぞれが物語として残っているってのが強みなんだろうね。
消費者のほうも、語って楽しみやすいし、使い方の工夫法を発信できるとか、消費する以外になんかクリエイティブな参加の余地がありますもんね。

ちなみに、無印良品の、商品自体は、低価格商品ですから、上手く選ばないと、コマーシャルに踊らされて安物買いしちゃった的な失敗になる部分はもちろんあり。
だけど、このご時勢にそうゆう、物欲刺激型の買い方もさせてしまうっては、やっぱ御見それしましたって感じなんだよなぁ...。

私もちろっと買っちゃったし(笑)。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-26 14:36 | つらつらと

今週からあまちゃんの舞台は上野&谷中です

NHK朝ドラ、「あまちゃん」ますます面白くなって、なぁ~んと、今週から舞台は上野&谷中ですよ。
クドカンったらセンスいいねぇ~!!

で、ヒロインが東京で住むことになる、アイドルグループGMT47の合宿所が谷中にあるって設定ですが、そのロケ地がほんとに谷中にあるんですねぇ。

ほらっ!
f0108825_13124854.jpg

長い石塀に、木のくぐり戸に見覚えありませんか?
ここは、ご近所に住むヒトならたぶん即ピンと来る場所ですが、それ以外は、谷中を知っていてもやや難しいかも。

それって、どこ?

はいココです。
f0108825_13154180.jpg

もちろん、この外側だけをロケでひっそり使ったってことですけどね。
自分が知ってる場所が、すきなドラマや映画に登場するってなんか嬉しいですね。

で、もうひとつのロケ地は、上野アメ横商店街。
こちらは、ひっそりではなく、もうこんな昇り旗がはためいてました。
f0108825_13174093.jpg

なんか、NHKとか朝ドラとかと、アメ横って、やや遠いイメージもあった気もするんで(のどかな下町とか、郊外のほうとかを使いそうでしょ)、関係者も大喜びみたいです。

ドラマの内容に加えて、ココはどこ?的チェックもしなければならなくなって、ますます目が離せない。
ああ、あまちゃんって面白すぎるっ!
[PR]
by tao1007 | 2013-06-25 14:35 | ドラマとか映画とか

びっくり!もうこんなに大きくわさわさと!?

この日、エアコンをつけてしまったものの、その後は、あまり過激に暑いというわけでもなく。
ああ、このままこのぐらいの暑さのままいてほしい。
しかし、そうは問屋も卸すわけなく、たぶん、あっという間に殺人的暑さの夏。

ならば、ウォーキングが可能なのもいまだけかもと、今日も上野まで歩く。

家⇒上野桜木経由⇒上野公園&スタバで休憩が、基本コース。
しかし、本日は、趣向を変えて、家⇒根津⇒不忍の池⇒上野公園といってみようか。

で、蓮です。
f0108825_1240336.jpg

うっわぁ~、もうこんなにみんな大きくなってるよぉ。

葉っぱももう一人前。
f0108825_1241236.jpg

あと少しで花が咲いちゃうんじゃあないの?

ついこの間まで、池の水面が見えてた記憶。
つまり、こっち方面にあんまり足を運ばなかったってことですか。

蓮の成長を眺め、ああ、もう夏なのねぇ。
あきらめに似た気持ちで猛暑の来週を予感するしだいであります。
つまり嫌いなんですね、暑い夏って...。

もちろん蓮は大好きですが、見るも食べるも。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-24 12:33 | 都会の樹草

ホリエモンってやっぱすごいわっ!

堀江貴文氏の新刊「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?」
...って、タイトル長いなぁ。

しかし、ひとたび読めば、このヒトのすごさにまずは驚く。
本書も、「刑務所なう」シリーズとともに、収監中に発行し続けたメルマガ「堀江貴文のブログでは言えない話」の再構成。
つまり、社会から隔絶された刑務所の中で書いたってのに、まあ、なんと視野広く、自由なのか...と。

で、夢中で読んで、またも付箋だらけになりました。
f0108825_12245295.jpg

詳しくは、こちらにレビューしましたのでよろしければ→へたな自己啓発書より、啓発されてしまいました。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-23 12:18 | 読書する

乃南アサの新作は、コレでシリーズ完結。

最初、物語が谷中だということで手にとった「いつか陽のあたる場所で」は、このシリーズの最初。
それが、2作目「すれ違う背中を」へ続き、思いがけずTVドラマにもなった。

物語は、主人公が罪を犯して出所した(普通の)女性2名という設定。
それもあってか、TVドラマは、原作よりも暗く深刻に描いていて、そこがピンとこなかったかなぁ。

本作のほうは、彼女らが、淡々と日常を過ごす中、小さな幸せをいとおしむ様子が、同じ街に住む私としては慕わしく。
そこに、過去の罪に対する気づきと、未来への希望みたいなものが、不自然でなく折り重なってゆく。
読者は、その流れに寄り添いながら、ヒトが何かから立ち直ってゆく過程みたいなものを感じたりする。
...そんな、物語の仕掛けみたいなところが、この作家の上手さじゃあないかなぁ。

だから、なぁんか暗いばっかりなのはなぁ。
TVは、エンディングも通り一遍だったしなぁ。
うーん。もう少しがんばれよ、TV!って感じでしょうか。
まあ、ロケ地が谷中近辺というのを楽しめたからいいんですが(笑)。

....っていうか、TVの話ではありません。
TVよりも、やっぱり原作のほうが良かったという話。

で、このシリーズも、本作「いちばん長い夜に」でいよいよ完結。
f0108825_11434157.jpg


そして、物語の終わり方が秀逸です。

前作2つは、ホンキで淡々と、大きな山場もなく読ませてきたものを、「いちばん長い夜に」は、東日本大震災を物語の中心にすえたのがまずは大きな違い。

しかも、なんだかとってもリアリティありまくりな描き様ですが、なぜ?
...と思ったら、作家は、2011年3月11日に、この物語の取材のために仙台にゆき、そこで被災したんだそうです。
なあるほどぉ。

そして、作家は、その日の体験をこの物語に取り入れなければいけないような運命を感じた。

この大きな事件は、私たちの考え方や生活スタイルを確かに変えたものだけど、主人公2人ももちろん。
そして、作家自身もそうだったはすです。

だからかどうか、ずっと、彼女らに寄り添ってきた読者としては、かなり納得のエンディング。
そして、その終焉の仕方が、そのまま読者の応援にもなっているような気さえします。

そして、読了して思うのは、この作家のほかの本も必ず読まなくちゃあなぁ...と。

ああ、いつもこうですよ。
1冊新しい本を読むと、読みたい本は、倍にというより、乗数的に増えてゆくかのようです。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-22 11:27 | 読書する

いよいよ、そろそろ。

いよいよというか、そろそろというか、富士山の文化世界遺産登録決定の日が迫ってまいりました。

っーことで、それを祝して、我が江戸東京の富士山、富士塚のまとめなど。
祝・富士山世界遺産登録!で、江戸東京の富士塚バリエーション

下の写真は、台東区の小野照崎神社にある下谷坂本富士ですが、それ以外にも、もうザックザックと富士塚がありました。
f0108825_11194461.jpg

対して、開山式は案外少ないのですが、それでも都内で9箇所もあります。
今年は、おひとついかがでしょうか?

富士山登拝もいいけれど、富士塚に登るほうが、あんがい通だと思います。
[PR]
by tao1007 | 2013-06-21 11:16 | 多神教の国の文化


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧