ココロはいつも休暇中



<   2013年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


定点観測も、しばし休業かも

さて、2月も最終日。
前回お伝えしたように、わが家のあるビルは、大規模修繕に突入し、窓のあたりに囲いがかけられるのも秒読みのようです。

もしかすると、今日でいったん休業かもなぁ...。
ということで、本日の日の出。
f0108825_10561710.jpg

なんかどんよりしていて美しくないなぁ...。
今日ぐらいパリッと美しくキメたかったのですが、まあ、自然現象ですからしかたないですかね。

修繕は、6月下旬まで延々続くもよう。

朝から、足場をヒトが行ったり来たり、さらに外も見えにくいってのは案外ストレスだったりします。
なんか外出しがちになるかもなぁ...。

さて、国立天文台によるデータです。
日の出は 6時13分、日の入は、17時35分。
もう、ちょっと寝坊すると、すっかり明るい。そんな時期に突入いたした模様です。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-28 10:51 | 定点観測

超好物のヨーカンをもらう!

そんなすごいヨーカンとはこんな洒落たパッケージに入ったやつでして...。
f0108825_1028190.jpg

wagasi asobiという小さなお店のドライフルーツのヨーカンです。

店は、東京都大田区上池台という、谷中界隈などに住む身としては、ちょっとなじみの無い場所にあり、どんなに好きでもなかなか買いに行く気分までにはならない。
しかし、その近所にわが友人が在住しているもんで、お金はもちろん払うから、ぜひ買ってきてくれないか?と、逢うたび懇願していたのでした。

で、実はプレゼントしてもらっちゃいました!
「2100円もするのに!なんと太っ腹なお方。でも、なんでだろう?」とも思いますが、まあ、何かでまたお返しすればいいかしら?
と、とにかくこのヨーカンを目にしてしまったら最後、ちゃっかりさんになりきってしまう私です。

で、早速パッケージを開けて...。
f0108825_10401025.jpg

うーん、ほのかにラム酒の香りがします。漆黒の中ドライフルーツが入っているのは見えるのですが、写真がへたくそでわかりにくいですね、ごめんなさぁ~い。

材料は、北海道産小豆で作った上質な餡
沖縄県西表産の黒糖
ラム酒
ヨーカンの中には苺と無花果のドライフルーツと胡桃がゴロゴロッと入り、食感が楽しい大人の味。

うんま~い!

こんなに美味いと、食べつくしたあとを思い今からなんとなく悲しくなります。

やっぱ、もっと気軽に買いたいなぁ。
東北の老母にも食べさせてあげたいしなぁ。

WEBサイトの購入方法のページには、西武百貨店渋谷店A館地下一階食品売場とDEAN&DELUCA各店などでも販売していると書かれているけど、少なくとも西武渋谷店で見つけたことはなく...まあ、ほんとに渋谷なんて年に3回ぐらいしか行かないからかもしれないが。
そうか!DEAN&DELUCA各店ならば、丸の内(こちらはしょっちゅう行ってます)にもあるので今度そこで物色してみよう!
...と、購入のめどもつきそうなんでココロもやや明るく晴れます(笑)。
晴れたたところで、もう一切れいただきますか。

Tさん!ほんとにありがとう~!

あっ!ヨーカン切ったところを写真に撮るのを忘れました。それはこちらでご覧ください⇒☆☆
(スクロールすると下のほうに写真があります)
[PR]
by tao1007 | 2013-02-27 10:26 | 食べること

谷中のあの家は、上野桜木町の家

毎週火曜日の10時から、ただひたすら谷中が舞台だというだけの理由で見ているドラマがありまして...。
原作も読んで、それは面白かったんですが、TVになると、こんなに暗い話なんだと、ストーリー展開はやや気にくわない。

しかし、ご近所でいつも見てる場所がドラマのあちこちに登場するのは楽しいもので、今日はとうとう、主人公の住む古い家を見に行ってしまいました。

今は、空き家と思しき向かって左奥の家が、ヒロインが一人住まいをする家のはず。この家がTVに写ったときから、「あっ!あそこだ!」とゆるぎない確信を抱いたものでありました(おおげさ)。
f0108825_17255053.jpg

とういうのも、もうずいぶん前からこの家と柵に囲われた前の小道が気になってもいて、この界隈を通るときは必ず寄り道。
そのあたりに生息する猫を可愛がるふりして、かなり細かく見学などしていた私。
中はどうなっているんだろう...なんて興味深々ですが、まあ、そこまでは見学不可能。
ドラマでは、室内のシーンも満載ですが、まさか、それはセットだろうなぁ...どうなんだろう?

ちなみに、隠れ蓑に相手してもらった猫とはこいつ。
f0108825_17311396.jpg

ちかづくヒトには、だれかれかまわずにゃあにゃあ愛想を振りまく節操の無い猫でして、しかし、カメラは嫌いなようで向けると反っ歯をむいてしまう...うーむ。

さて、この家が、本当にドラマで使われている家かといえば、その証拠もありまして...。
お隣の家の玄関扉の模様。
f0108825_17362349.jpg

セーターの編みこみ模様みたいなヤツが、はめ込みガラスに添えられていますね。わかりますか?
これが、TVにもばっちり写りましたし、路地の先の大通りを走るコミュニティバスのめぐりんが時々写る。もう絶対そうです。

ただし、この辺はもう谷中ではなくて、台東区の上野桜木町。そこをTVでは住所表示の青いプレートと掲示板の住所を谷中四丁目(?)だかに変えて撮影していたように思います。

そうそう、そのドラマ。
谷中の街の様子がふんだんに見られるのはいいんですが、場所と場所のつなぎ方にはやや矛盾が生じてしまうのが、在住者としては不満なところ。
その道をその方向に行っても、その場所には着きません。正反対です。
とか...。
その道の向こうは、行き止まりですが?とか。

ストーリーはもうどうでも良くなって、TVに向かって突っ込みいれてみること多数だったりします(笑)。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-26 23:28 | 古い家

梅も見ごろとなりました。

昨日の湯島天神行きは、もちろんお参りがてらの梅見物。

梅は、少しずつほころび始め、そろそろ見ごろに突入しておりますが、梅より合格祈願の方の数のほうが多いみたい。
圧倒されて、なんだかゆっくり花見を楽しむ気もそがれ帰路。
でも、写真ぐらいは撮っておけばよかったかなぁなんて、思い始めたのは、もう我が家に500mぐらいの路地のあたり。
まあ、また3月に入ったら行けばいいさとあきらめて、見上げたら立派な梅の樹がありました。

「私で良かったら写真をお撮りよ」などといわれているような気がしたので、遠慮なく。

それでも空はちょっとうす曇で日暮れも近く、白い梅を撮るには条件が良くないかしらぁ...。
f0108825_17141739.jpg

と思ってたんですが、なかなかふんわりいいじゃあないですかっ!

今年の梅です。

コレが咲き始めると、桜の時期までけっこう花リレーが忙しくなるんですよね。
美しい春がやってきます。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-25 17:09 | 都会の樹草

湯島の女坂の入り口の角

湯島天神に行くのには、いつも春日通りの坂をだらだら上ってゆくのですが、今日は、運動不足解消のためにも石段を登ってみようかと、女坂のほうへ。

...と、なんだかずいぶん素敵な古い家があるじゃあないですか!
f0108825_1625479.jpg

この界隈も、かつては木造3階建ての家なんかも珍しくなくあって、しかし、その多くは取り壊しの憂き目にあってなくなりました。
これは、木造2階建てですが、それでも絶対築100年ぐらいはたっているんじぁあないかなぁ。
しかも、空き家ではなくて、何かご商売に使っている模様。
入り口脇には小さなウインドウがあって、またココロ惹かれるものが飾ってあったりするんです。
f0108825_16251925.jpg

何屋さんかなぁ...。

家に帰ってPCでいろいろ探してみましたところ。
天神下 はぐろ洞」という屋号で、ギャラリーになっているみたいです。
しかも現代アート!
ふーん、こんな使い方っていいですよねぇ。壊して、いまや需要があるんだかないんだかのマンション建てたりするよりずっと素敵!
っていうか、そんなものと比べるのは論外ですか。

そして、その裏手の味噌漬けやさん(魚の?)の店先にあるコレもちょっと気になる。
f0108825_16252867.jpg

仔細に眺めて、写真なども撮らせていただいたりとしていると。
「女坂を下ってすぐに、作家の久保田万太郎が住んでいた家がまだあるんだってよ」と道行くヒトがささやくように言っていたのを小耳に挟んだ!

「えーっ。どこどこ?」とココロの中で反応しつつ、その声の主を追って、とりあえずは女坂へ。
なあんてやってて、もう、気になるものだらけで、なかなか湯島天神に着きません。
これも、ほどほどに暖かくなってきたからでしょうか?
[PR]
by tao1007 | 2013-02-24 16:24 | 古い家

ホリエモンとビブリア

本日朝一番でネット書店から荷物が到着。
えーっとなんだっけ?とあければ、ホリエモンの「刑務所なう。シーズン2」と「ビブリア小書堂の事件手帖4」なのでありました。
f0108825_13163030.jpg

実は、私にしては珍しく、予約購入を申し込んでいた次第。
「予約購入ってどんなかなぁ」というのと、これらは、前作を読了したときからかなり楽しみに待っていた2冊(なんか、子どもの頃に少女マンガの発刊を楽しみにしていたのと似てるかも)というのもあって、絶対買うだろうというのもあったでしょうか。
で、まだ書店の棚でも見てないもんで、申し込んだことを含めちょっと失念しておりました。
発行日の朝に届けられるなんて、なんか凄いですね。

まあ、急ぎで買うという需要が個人的に稀有なんで、もうしばらくこうした買い方はしないだろうとは思いますが、急いでいるヒトには、相当便利なサービスなんじゃあないでしょうか。

まずは、ホリエモンの著作から読む。
やっぱり面白くてどんどん読む。

たぶん、刑務所の生活に対する覗き趣味みたいなものもあるんだろうけど、著者の落ち込まないスタンスがぐいぐい読ませてくれるんでしょうね。
刑務所の話を喜んで読むということに対する罪悪感ってのも全然沸いてこないし、やっぱ凄いわ。

ふと、読んでるさなかに、突然、前作を読んだ田原総一郎氏のツイートの記憶が浮上!
たしか、やっぱり「堀江さんはどんな立場になっても落ちこまない。すごい人物だ。」とか言っていたような...。
なんだって、今ごろそんな記憶が??とも思うけど、もう本気でほんとその通りなんですよね。

ってことで、こちらにもレビューしてみました。⇒出ましたっ!シーズン2

「ビブリア小書堂...」のほうは、読んだらまたここに感想を書きますねぇ。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-23 22:43 | 読書する

うっ、また定点観測に障害が

さあ、そろそろ日の出の観測写真でも撮ろうかと、窓を開けると...。
うっ!
f0108825_2233255.jpg

そうだよ、今年は、わがアパート(巷ではマンションと呼称されるが、そんな立派なものではない)の大規模修繕の年なんでした。
昨日はちょっと帰宅が遅かったんで気がつきませんでしたが、しばらくのあいだ、我が家の窓からまず見えるものが、このやや醜悪な足場...と、なってしまうようです(涙)。

しかたないのでとりあえず寄りの拡大モードで東の空を。
f0108825_22322831.jpg

もうとっくに太陽は出ていてあたりは明るくなってしまってますが、どうも真ん中のビルの陰から上ったみたいでまだ見えません。

しばし待つ...。
f0108825_22325253.jpg

おっ、出ました!6時40分の東の空です。
またも、逆光なもんでやや暗めの写真ですみません!しかも、今日は朝からうす曇。完璧な姿のお日様は臨めませんね。
それでも、空の雲が、微妙なニュアンスを作っていてコレはコレでいい感じです。

ちなみに、いつものように国立天文台のデータ。
2013年2月22日(金)の日の出は6時20分、日の入りは、17時29分。

前回は2月11日でしたが、11日間で22分ほど日照時間が長くなった模様です。

...ってことで、もしかすると、この観測もしばし休止状態突入かも。足場が完成すれば、その周囲に被いのシートが張られるってことですので、実質観測は困難に...。
うーむ、今年こそは簡単定点観測だっ!と思ってたのになぁ...。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-22 22:31 | 定点観測

全国のお雛様行事って、ありすぎ...

ちょっと必要があって、日本全国のお雛祭りをリサーチ。
f0108825_17111750.jpg

そしたら、なんとまあ、出るわ出るわ(驚!)

当初の目的は、すぐに果たせたんですが、コレだけ出てきてしまうと、やはり将来のために(なんの?)きちんと整理しておきたい欲求が...。

っーことで、またもまとめてしまいました。⇒雛祭りバリエーション
といってもまだ途中。
長く続いた伝統行事というのもありますが、平成に入ってから町おこしではじめられたものも数多く、これでだいたい三分の一ぐらいでしょうか。
街のいたるところにお雛様を飾るって手法なら、どの街でもできそうなんで、東京でもやったらいいのにと思うことしきり。

ちなみに、「将来のため」ってのは、いつかは、その雛祭りに行くかもしれないしねってことかしら?
ちょっと観に行ってみたい気満々にはなりましたね、実際のところ。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-21 17:10 | 多神教の国の文化

最近の昼食

朝、昼、晩と1日三食きちんと食べるが、最近は、昼食がいちばん重めだったりする。

というか、10時から11時には寝たいので夕食は自動的に6時から7時。
しかし、だからといって、5時頃から夕飯つくりというのもやや現実的でない私...いろいろやることあるもんで(笑)。
ついでに、ダイエットとか健康のこととかを考えて、近頃は、昼食を夕食のボリュームで作ることが日常化した。

で、ちかごろ気に入りが、野菜+動物性たんぱく質少々を蒸すってなことで...。
f0108825_16564369.jpg

もう冷蔵庫内にある野菜を片っ端から切って⇒蒸篭に並べ⇒切り身魚か刺身の残り、鶏肉、豚肉なんかをほんのちょっと乗せ⇒小鍋に水を張ったのに乗せ⇒蒸す。

出来上がったら、酢+醤油か味噌を酒で溶いたタレで食す。

これに土鍋の小さいのでいちいち炊く炊き立てご飯と味噌汁に、冬場は白菜の塩漬けなんかがおかずについて、これがけっこう満足感ありまくりなんですねぇ。

ちなみに、味噌汁は、蒸した時の小鍋の水に、煮干とかを入れてひと煮立ち、わかめとか豆腐とか適当な具を入れ、やや時間差で作っております。

なんか、この方法で昼食を食べるようになったら、腹持ちがいいので、間食がまずなくなり、ついで本気で夕食が小食に。
夜間に胃や腸に食べ物が入っていないと、翌朝のお通じも相当によし。

そして、なにより、なぜか食費が30%減に!
うーむこんなことで?

まったく、侮れません。

...が、肝心のわが体重が減らないのはなんでだろう?これからか?
[PR]
by tao1007 | 2013-02-20 22:36 | 食べること

久しぶりの外食

f0108825_16511955.jpg
新暦も旧暦も新しい年になったんで、新年会を気取って白金のイタリアンなどへ繰り出す。
...って、いまごろですが(笑)。

場所は、シチリア料理のロッツォシチリアというお店。
なんか、すごい人気店で予約取るのも大変らしい(今回はラッキーでした)。

外食+本格的イタリアン+予約のとりにくい人気店とトリプル久しぶりだったりもして、ちょっとドキドキしたが(やや嘘)、お店自体は、カジュアルな居心地の良い場所で、客単価もそう高くない。
といっても、私たちはノンアルコールなので、その分他の客よりは安いでしょうが...。

ということで、またも延々4時間もしゃべり倒し(たぶん私の話が6割...いや7割かな。いつもすまん)、これまた超久しぶりの深夜0時ぎりぎりの帰宅。

会社員時代は、こんなのが日常だったりもしましたが、たまにやるから楽しいんだなぁ...としみじみと眠りについたのでございました。

一応食べたものは以下です。
ひよこ豆のフリット
シチリア永久定番ナスのカポナータ
まぐろのオリーブオイル着けといちじくのマルメラータ
いろんな野菜のあたたかいごった煮
シチリア名物いわしとういきょうのパスタ
デザート

ヒヨコ豆のフリッタが気に入りました。あと、マグロと一緒になって出てきたいちじくのマルメラータというのは、いちじくの砂糖煮みたいなものでかなり珍しかった。
それと、フルーツをワイン(?)につけたデザートとコーヒーが超好み。

といっても、そう頻繁にはいきませんけど。
3年に1回とかかなぁ(笑)。
[PR]
by tao1007 | 2013-02-19 22:33 | 食べること


カラダもココロも休暇中
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧