ココロはいつも休暇中



<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


今年も、もう隅田川花火

なんか、今日は浴衣姿の人が多いなぁ...。
と、漠然と思っていましたら、ああ、隅田川の花火大会ですね。
なんか1年早いですね。

ということで、今年も恒例、自宅窓からキャンディーサイズ、あるいは小花サイズで楽しんでみました。
見え方としては、こんな大きさ。
f0108825_21111895.jpg
わかりますか?
写真の左側、ビルの上にポツンと浮かぶヒナギクのような...コレが我が家から観賞した花火です。ささやか過ぎて、これを毎年喜ぶ自分が、ほほえましい(笑)。

ここで、隅田川花火を見始めて随分とたちますが、なんか今年の花火は種類が少なく豪華さも足りないような気がしましたが、実際のところはどうなのでしょうか?
気のせいかもしれません。
が、長引く不況のせいで花火大会が中止に追いやられたところもあると聞きますしねぇ...。

こんな、江戸から長く続いた行事こそ、これからも延々と続いていって欲しいものです。
なんなら、見物料を払ってもいいです。
ああ、でもお安くしてね。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-31 21:08 | 多神教の国の文化

気になるもの多数なリノベーションスポット

秋葉原・旧練成中学校を利用したアートスペース「3331」。
4月に訪ねたときは、まだ、リノベーション真っ最中だったが、今日前を通りかかったらすっかり完成したもよう。
まあ、もう4ヶ月もたったもんね。
f0108825_20561941.jpg
前庭も居心地良さそうに整地され、都会のオアシスと化してます。
風も通って、気温も若干低いような気が...。

校舎の中では、アートのイベントやカフェもオープンしたみたいだし、屋上では一坪菜園とかもやってるみたい...なポスターもチェックした。
加えて、日比野克彦氏による朝顔プロジェクトも実施中だし、なんか楽しみなこと多数な場所。
f0108825_2058217.jpg
朝顔、もしかして、ロープの天辺まで延びるのかしら?
朝顔チェックに、頻繁に訪ねてきそうな気分満々。
ご近所ですものね。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-30 20:52 | 古い家

地上にコレを見つければ...。

ひとつあれば、30匹は生息するはず...。
f0108825_13401142.jpg
って、それは、家の中にそっと忍び寄る、他の虫の話でした。

しかし、コレを見つけた頭上では、もうすでに降るようなセミの声。

でも、何か今年は少し早いような気が...。
例年だったら、そろそろセミの声が聞こえ始め、それにつれて、これから徐々に猛暑になってゆくはず。
で、今ごろなら、7月生まれの先発隊のセミたちがしずしず鳴いている頃でしょう。

うーん。もう、これからは、夏って、ずーっとこんな暴力的に暑くなる感じなんでしょうかね。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-29 13:38 | つらつらと

サボってるわけでは

今年の定点観測は、アイテム選択にやや難があり、とうとう6月をすっ飛ばす。
そして、今月ももう月末...。
一応、復習しますと、今年の定点観測のテーマは「光と影」。
それを、月の前半と後半の晴れた日を2回観測...を原則とし、時間は午後3時半から4時にかけてがいったんのルール。
...だったんですが、どうも、この午後3時半から4時というのが、天候が不安定になる頃合らしい。
今日こそは、熱中症覚悟だ!と勢いこんで観測地点に向かおうとも、その30分だけ日は射さない。
うーん...続き、なのだよまったくなぁ。

つーことで、今日も同じ目に会い、らちあかず。
なので、それよりちょっと早い時間の写真をお楽しみ(?)ください。
f0108825_2221367.jpg

14時15分の光と影。

ああ、もうすっかり太陽がレース模様を編んでいます。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-28 22:07 | 定点観測

涼をもとめて

暑いです。
クーラーつけてさえ部屋にいても暑いんで、涼を求めてまたも博物館へ。
f0108825_21184687.jpg
もちろん、盛大にエアコン効かせてるってのもあるんでしょうが(石の建築物って実際のところはどうなんだろう、冷やさなくても涼しいの?)、やっぱ、天井だかに暗めの照明ってのも、涼しさを演出してますね。

実は、珍しく今日中に考えなければならないこと多数なんで、ノートを持ち込み、博物館の片隅のソファに陣をとります。

ココは、暑さでなかなかやってこない”やる気”が満ちてくる場所でもあります。やはり、古来からの博物で満ち満ちる場所だからでしょうか。不思議なことです。
出来れば、小さな机なんかもあるといいなぁ...とか思ったりして、ああ、図書館じゃなかったですね。失礼しました。
で、結構スムーズにアイデアも出て、ならば、館内のあれこれを見学、見学。

これって、涼しそうですね。
f0108825_21375716.jpg
 
中国の宋時代に作られた陶磁器の枕です。
構造が中空なので空気の流れがよく、陶器の冷涼感もあって、実際に涼しいようです。

が、何か寝ているうちに首が凝ってかえって安眠妨害ではとか、勢いつけて寝床に流れ...なんてとき、ついつい頭で割ったりしたら危ないじゃないかとか、今日の私、ついついくだらない路線に思考がずれる。
いや、いつものことですね。
仮に、修学旅行の枕がこれだったりしたら、枕投げをするには、相当な技術が必要だとか、枕のソムリエとか安眠アドバイザーに批評させたら、この枕ってどうなのかしら...と、止まらないです。

中国では、陶磁器の枕は「不老長寿の枕」、「夢見の良い枕」として古代から上流階級の間で大変珍重されたんだとか。日本では、あまり普及せず、なぜか昭和の初期にやっと少し流行ったという記事もあり、えーそうなの?
戦前のもののない畳の部屋なら似合いそうな気もしますね。用途がわからず、床の間に飾ってみたり...とか可愛い扱いした人もいたかもしれない。

...ああ、たまに頭を使いすぎると、博物館的工芸品を見ても考えることは俗っぽく。
いや、これもいつものことか(笑)。 
[PR]
by tao1007 | 2010-07-27 21:16 | つらつらと

今年もこの時期

さぁさ、今年もやってきましたこおり金時」の季節です。
f0108825_22201196.jpg

今年は、もう早くから「こおり金時」のためにあるような暑さですのに、なんか、このポスターによる知らせはなかなか訪れず、ちょっと...いや嘘、相当やきもき心配しました。
暑さによって今年は抹茶品薄かっ!とか、暑すぎて氷入手ならずなのかっ!?小豆が煮えすぎ、白玉事件か(なにそれ?)!?...とか。

いや、そんだけやきもきさせる美味しさなのです。
ひとつ840円というやや高かぁーいっっっ...ってのも、ものともせず。
今年も2回は食べときたいです。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-26 22:17 | 食べること

山椒を炊く

今年の土用の丑の日は7月26日の一日しかないのでその日、鰻屋はさぞかし混雑するだろねぇ。
...とか。
だから、暇な私たちは、丑の日をさけて鰻は土用のうちに食べればいいか。
土用って立秋までよね、すると8月7日までかぁ、とか。
ところで、立秋の日は土用に入るの、入らないの?...とかとか。

鰻の蒲焼が好物なもんで、土用に入ったあたりから、話題がそっち方面に流れてゆく私です。
で、鰻まわりのアイテムもなんとなく気になってきて、八百屋さんの片隅でコレを見つけたりすると...。
やっぱ買うよね。
f0108825_2189100.jpg

この時期、青々と実る山椒の実。
...のはずなんですが、たった3時間も部屋に置きっぱなしにしたら、ちょっとなんだか枯れてきてない?恐るべき今年の暑さ!!
やばい、やばいと、まずは、枝をひとつひとつとって下ごしらえ。
f0108825_21104261.jpg

つぎに、塩をひとつまみの熱湯で茹で、その後、冷水で30分。
酒とみりんと、えっ!ちょっとそれ多くない?というぐらいの醤油で山椒の実をひたひたにして炊く。
するってーと、山椒の佃煮の完成です。
私は、これを炒めたひき肉の調味料代わりに使い、そのひき肉をいろんな料理にちょびちょび使う。

毎日、鰻の蒲焼を思いこがれながら食べたりする(笑)。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-25 20:57 | 食べること

ゲゲゲの予習

毎朝、感涙しながら観ている「ゲゲゲの女房」。貧乏神とも完全決別し、いよいよ来週は、水木まんがの「悪魔くん」がTVドラマにも打って出る。

ということで、漫画を予習だ。
f0108825_2146057.jpg

私より何倍も深く詳しい水木まんがファンの友人から、「タオさん、悪魔くんは読むべきですよ。たぶん好みだと思います。」といわれて、即座に購入したのが、先月のこと。
それから、数度読み返し、他の友人にも押し付けるように貸し付けて、帰ってきた懐かしさもあってまた最初から読む。
水木漫画は、その書き込みの端々、隅々にいろんなことが潜んでいるみたいで、1回目より、5回目ぐらいの読後感のほうが充実度は高いねぇ~。

でも、最初に読んだときから好きなのはこのページとか。
f0108825_21461780.jpg

この家、悪魔くんの家なんですが、なんだか、「ゲゲゲの女房」の改装前の昔の家...にそっくりじゃありませんか?
するってーと、調布の家が、かつてこんな風だったのかなぁ。
...なんて、勝手に想像、思いにふけってみたりするんです。

しかし、どんだけ嵌ってるんですかね私。
TVドラマのほうは、視聴率も日々20%を越えているとかで、同じような人がどんどん増殖中な気配も濃厚だからいいんですけどねぇ~。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-24 21:45 | 読書する

猛暑の影響

猛暑、酷暑の影響はへんてこなとこにも現れまして。
ただいま、我が家の冷蔵庫にはこんなものがこんだけの量。貴重な場所ふさぎになっております。
f0108825_1443233.jpg

肉屋や魚を買うと時々ついてくる保冷材。
...わけわかんないものを掲載しまして、すみませんが、が、この量が溜まるのに3週間もかからなかったんでつい(笑)。

普段は、「保冷材ご利用ですか?」とか「何時間ぐらい持ち歩かれますか」とか聞いたうえでついてくるものだから、こんなことになるはずもなく。
しかし、昨今は、「暑いんだから同然だろう」とばかりに、断りも無くつけてくる。
先日なんて、何故か胡瓜の一袋にもこれがペタッと...冷やして歩く道々食べなさいって意味だったんだろうか?
で、本日、これを回収&リユースしてくれるお店があると聞いてさっそく持参の準備。そのうち、一度並べてみたくなったわけです。

しかし、このぐらいあれば、蒸し暑い夜敷いて寝られるかもしれませんねぇ...。
敷くはオーバーとしても、額や首筋、わきの下などにこれを挟んで寝てみたらどうだろか?

...ってなわけで、何故かこれらを他人に渡すのがいやになる。
暑さで確実におかしくなっている真夏の夜です。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-23 22:41 | つらつらと

涼しい場所探し

暑いですね。
今年の季節は、順々にゆっくり段階を踏んで...という思想というか常識的配慮というかが、さっぱりないようで、カラダがついてゆかない。
...となれば、ともかく日々涼しい場所探しに気分が集中してしまうというものです。

例えば...。
f0108825_10515369.jpg
谷中を上野方面へ抜けるときは、かならずこの並木道を経由してみたりとか。
射すように鋭い夏の日差しをさえぎって、並木のしただけかなり涼しい。
旅人のように、根元に腰掛け涼をとりたくなります。

で、この並木道が、古くからある墓地を貫く道だってのも涼しさの所以かなと、ふと。
ここらの、墓地は土むき出しの場所が多く、故人を慰めるため植えた草木もいい感じに大きくなって、こうして私たちを夏の暑さから囲ってくれる。
先人たちは、逝ってなお、わたしたちを守ってくれているんですよね。
...ってな風に、墓場という場所の認識が変わったのも、谷中に住むようになってから。
たぶん今、墓場で肝試しをしたとしてもあんまり恐くないかもしれないですね。
でも、恐いお化けはいなくとも、暗闇に潜む人間って恐いものがおりますが...。
[PR]
by tao1007 | 2010-07-22 10:48 | 都会の樹草


カラダもココロも休暇中
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧