ココロはいつも休暇中



<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


北村薫というひと

f0108825_17213871.jpgいつだったか、この大好きな作家が男性と知ってかなり驚愕したのを覚えている。
どの作品も主人公はいつも、凛としてかつ可憐なオンナの子...だから女性に好かれそうな女性...なのだ。そして、ミステリーであるというのに、そのジャンルによくある「人格のない死」も「暴力的なシーン」とも縁がない。エンディングは、いつもこころが暖かくなる人間愛の話...とでも言ったらいいのか。
たぶん、男性より女性ファンのほうが多いんじゃないかなぁ。なんて勝手に思っていたし。そもそも、装丁のイラストが、漫画家の高野文子さんによるキュートな女の子というのも、誤解の一因だった。
プロフィールをよくよく読んで、女子高の先生だということを知るにいたり、ちょっと納得したものの、「あの透明感あふれる話を何故このおじさんが?!」と思うこと仕切り。(いやすみません。)

「ひとかた流し」も、そんなファンの気持ちを一切裏切らない話。
でも、ずーっと、主人公は若い女性だったのが、この話の主人公は40代。女子高生のころにピュアに夢見たことを一生懸命保って生きてきたら、このような年齢の重ね方になるのだろうな。という話...だから不思議はないんだけど、でもちょっと意外。しかも、ミステリーではない。

北村薫の代表作に、落語の師匠と女子高生のミステリーのシリーズがあって、この話は、その物語と繋がっている感じもした。主人公が、女子高生から新人編集者1年目でそのシリーズは終了したけど、その彼女のその後の話のようにも思えたり。もちろんディテール全然違うけどね。
で、久しぶりにそのシリーズ、「空飛ぶ馬」「秋の花」「夜の蝉」「六の宮の姫君」「朝霧」と順に行ってみようか!と自宅の書棚を探すが、これがないのよ。
うーん、書棚付近は犯罪のあとのように乱れ散らかったにも関わらず、本は発見に至らず...。売ったのか?誰かに貸したまま?うーん。うーん。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-31 23:58 | 読書する

いつもそばに置きたい本

f0108825_16142594.jpg書店でリサーチする→手帳にメモる→図書館で借りる→必要な本だと思ったら購入する。という私の「本買いのルール」から外れている作家が何人かいる。その作家の本は、本屋で見たら、結局つい買ってしまう。
たとえば、堀江敏幸著「めぐらし屋」は、読む前から自分で所有した本の一冊だ。
とはいえ、小学校の国語の時間、「自分に適した本は、最初の1ページを読んでから決めよ」という教えをいまだに守って、冒頭の数ページぐらいはまず立ち読みをする。じっと待てば、必ず図書館が貸してくれるこのご時勢に、作家の名前を見るや否やその本を買うほど私は甘くないのだ。ふふふ。

「黒い背にすり切れた金文字の商標が入っている厚手の大学ノート」という、第一行目のことばがいきなり私のココロをとらえ、さらに「表紙の裏に画用紙の切れ端が貼り付けてあって、そこに黄色い傘が描かれていた」と2~3行目。私の脳裏には、まず、ちかごろお気に入りの霜降りグレイのツバメノートがいきなり登場した。そこに、クレヨンでざっくり描かれた「黄色い傘」の絵。
この物語の主人公の名は蕗子さんといい、そのノートは、亡くなったお父さんの文机の中に何冊かあって、どれも同じように傘の絵が貼られてあった。
いつも、何もかかれないままの大学ノートの見返し部分(表紙の裏)にそんな「いたずら」をしてみようか...。と今度は、脳の別の部分、私のやりたいことスケジュールの分野が活性化する。

...こうこられると、お財布の所在を確かめ、「めぐらし屋」を手にとってレジへ。となる。

私がココロ惹かれるのは、「作家の細部のこだわり」なのだ。
こうして吟味して購入した本は、まず、物語の面白さを追って読む。その後、旅先などに持参して、作者がこだわった細部を、じっくり堪能する。そして、しばらくたって、物語の記憶が薄れた頃もう一度読む。こうゆう本には、本気で、毎回違った発見があって楽しい。

もう、思い立ったら探せる範囲に、この本を置いておかなければならない。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-30 23:13 | 読書する

さらに白状すると。

f0108825_22361266.jpg
花柄シャツを包んでいただいていると視界の端にこれが...。
厚手のガラスのコップだ。上げ底で、ぼてっとした感じがガラスらしくなくて新鮮だ。ところどころに小さな気泡が入っているのも、素朴な感じでいい。
かつて、谷中界隈の飲み屋で実際に使用されていたものだと教えてもらう。

「これもいただきます。」と、脳で判断せずに、延髄あたりで反応してしまっている感じ。
文人や科学者(の卵も...なんたって東京帝国大学の近所だ)も多く住んでいた時代の飲み屋のグラス。
安いお酒をせっせと注がれ、飲み干されつつ、篤く知的で、さぞかし興味深い会話をたくさん...たくさん聞いて来たんだろうねぇ。

そして、私は、お酒を飲むのではなく、こう使う。
f0108825_2248274.jpg

粒が小さく形もばらばら...な、そのチープな様子がかえって自然で可愛い。そんな安物の苺が、すごく似合う。
ここに、白いミルクをかけて、苺をつぶしながら食べ...最後の苺ミルクのピンクもこのグラスにはけっこうお似合い。(写真撮るのをつい忘れ...。)
[PR]
by tao1007 | 2007-05-29 22:34 | 素敵なモノ

これは谷中お買い物ラリーなの?

靴屋の店主(いや看板むすめ?)は、身につけているものの様子がいつもすこぶる良くて、かつ、店内のセンスもそこはかとなくヒカルものがあるから、ライフスタイル自体も相当おしゃれだろうとふんでいる。
だから、彼女がちらっとでもおすすめした店にはやはりついつい足を向けてしまうと、いうのは致し方ない。
向かったのは、靴屋さんのちょっと先にあるclassicoというお店

で、ハッと気づいたらこれだ...。
f0108825_236105.jpg
この可愛い花柄、いや、もったいぶるつもりはないのですが、まずはこの「可愛い花」をお見せしたく。私といえば、若干小柄(いや横幅は近頃大柄ですが...)、しかし、これはれっきとしたメンズのシャツ。
うーん、悩みます...。
でも、ついつい「こんな可愛い柄、男性だけに着せておくわけにはいかないわ!」と思ってしまったのです。
Sサイズならば!と勢い買ってしまいました。
ちゃんと見てみますか?
f0108825_23105696.jpg
いやいや、この辺で出し惜しみです。

で、ここの店主も、並々ならぬ良い趣味の持ち主なんですよねぇ...。加えて何かと物知り。
だから、この方から、さらにここから5分ほど行った花屋さんで今日購入したものの話なんか聞いた日にはあなた。
さらにその花屋で買い物をしなくちゃいけないような気分になってくるではありませんか。

これって、谷中の主だったお店の隠れたキャンペーンか何かなんでしょうか?もうお買い物ラリーって感じです。

で、どうなったかと申しますと、その花屋に向かう途中、こんなものがありまして。
f0108825_23151769.jpg

おっ!可愛い花柄だ。とパチパチシャッター押してたら、いい具合に忘れてしまいました。
あー本当によかった。(ちなみにコレは、道路と歩道の段差を繋ぐ鉄製のよくあるアレです。本名知りませんが...)

近頃の谷中、流行の何とかミッドタウンや新○ビルなんかより、ずーっと良いお店がぞくぞくと増殖中。
店主の心意気や趣味のよさが流行の場所と、まったく対極で、私にとっては、こちらのほうが圧倒的に好みに近い。
私は良い街に住んでいるものだと再確認したのでした。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-28 23:01 | 素敵なモノ

靴を注文に。

f0108825_23152945.jpg

この店に行き、靴を注文する。
以前購入した靴があまりにも履きよいため、とうとうほぼ毎日履いて出かけることになり、色違いを買おうと決意した。
早くここの靴に出会っていれば、靴箱の中の靴のほとんどはたぶん買わなかっただろうに...。私って、もしや買い物依存症か?と思うこと仕切りだが、本当に満足できるものが売られてないからなんだよなぁ...とこのごろつくづく。
バッグも例のカバンを2個購入したらこっち、ほかのものにまったく興味がなくなったし、靴ももうスニーカーの買い替え以外は、当分買わないだろう。

ちなみに今回注文したのは、ストラップの黒。昨年は、7月に注文→11月に出来上がり、今回は10月半ばだそうだ。楽しみだなぁ。
この先、ブーツや違う形のストラップ靴やら構想中とか。うーん。せっかく沈静化した購買欲に火をつけないで欲しいなぁ...といいつつも期待してます!!

で、服はまだ靴やカバンのようには、納得していない自分がいるらしく...。
詳しくはつづきます。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-27 23:12 | 素敵なモノ

これは縁の臨界点?

f0108825_22505962.jpg
ヘアカットに吉祥寺に行く。
早い時間に予約をとったので、午後がぽっかり空いた。吉祥寺は相変わらずごみごみと混雑しているし、外気は、30度を越えていて暑い。
しかし、先日読んだ本、「サマーバケーションEP」の影響もあって井の頭公園へ向かってみる私。井の頭駅に程近い側の民家の間を抜け、公園へ。
このルートは、いつのまにか唐突に公園の敷地に入る感じがあっていちばん好きなのだ。
公園の中は、深い緑の影響か、池のほとりだからか、風があってひんやり涼しい。小さな舞台の周囲では、フリーマーケットが開かれていた。その出店の間を縫うように、こちらでは、アコースティツクギターにて懐かしのフォークソング、あっちではバイオリン。おっここは、笛と三線で沖縄音楽風...と演奏会も開催中。いったん、近くのカフェでコーヒーを購入し、再度公園へ。さきほどのバイオリン演奏を楽しんでみた。

さて、帰ろうか...と駅に向い、いつもの習慣で駅ビル内の書店の今週(今月?)の売り上げランキングを見ると、伊藤まさこ著「東京てくてくすたこら散歩」という本が1位になっていた。で、早速その本を立ち読み...。
そこには、吉祥寺のお散歩ルートが紹介されていて、私の知らない面白そうなスポットを多数発見。(数年前に吉祥寺在住。しかし、ここらは随分変わった。)
特に興味深く思えたのは、「Roundabout」という名の雑貨店。「古いキャバレーだったという広い店内...」という紹介文に強烈に惹かれた。
...ので、再度、井の頭通りに向かったところ、駅前の狭いバス通りで名前を呼ばれ、声の方向には、大きな楽器ケースを持ったIさんがいた。

「おっ!Iさん!バンドの集まり?」
「いや、井の頭公園で、小唄の演奏を..。」
ベースか何か?と思った楽器ケースの中身は、三味線なのだ。
着物美人の師匠と、アルコールが入ってちょびっと出来上がってる風の弟子仲間なども紹介される。
「私も、井の頭公園にいたよ」..とあのバイオリンやギターやのあたりに小唄も?と記憶をひっくり返して考える。
「私たち、野口雨情の記念館のあたりで演奏してたんですよ」
ああ、動物園のほうね。でも、同じぐらいの時間に私もバイオリンを聞いていたわけね。しかも公園の中で...。

Iさんとは、今年前半の地獄の忙しさをともに乗り越えた仲だが、それ以降、仕事で縁深くなり、毎日会っているほど。とうとう、休日ばったり会うほどに...。
しかも、本屋に寄らなければ私はいまごろ車中のひとだった。すごいなー。縁の臨界点を越えそうだね...。(越えると、たとえばちょっと思い出したりしただけでばったり、道端で会う...とか、まさか?!)

その後、「Roundabout」(半壊した看板にはこう出ていたが、その半壊ぶり..前のキャバレーの名前を店名に流用したのだろうか?)
しかし、ここの店内は入ってみる価値ある古い趣ある場所。廃屋のようなふるい建物を探検希望あり!の私なんでなおさらに...。
→トムズブックス(長新太さんの4コマ漫画集を買う。立ち読みしたらとまらなくなったもんで...。)→ダンディゾン(パンや)で豆乳のパンと白豆のアンパン購入→同じビルの2FにあるギャラリーFeveは今回も休み(ヘアカットのたびに足を運ぶが絶対空いてないのよね...)→ハモニカ横丁と、記憶の限り、先の伊藤まさこさんのおすすめとおりに寄り道し、やーっと帰宅の途に着いたのでしたぁ。
デジカメ持ってればなぁ...(忘れました。)

家について、とりあえずパンを撮影しました。豆乳のパンと、
f0108825_22502997.jpg
白豆のアンパンです。
f0108825_22504041.jpg

ちなみに、いちばん上は、これらのパンを入れてもらった紙袋の脇にプリントされた模様。パン...が、可愛いです。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-26 22:08 | 素敵なモノ

銀座のビルの隙間にある文具店の本

f0108825_19443994.jpg只者ではないセレクトの文房具たちとともにその本はあり、お店の方に聞くと「店主の書いた本です」と。
その「店主」という言い方が銀座だなぁ...などど感動しつつも「ボールペンとえんぴつのこと」というタイトルをしっかりと記憶に刻み込むのは忘れなかった。(購入したいものの総計が財布の中身に限りなく近しいため本まで手がまわらず...)。

そして、本日、無事その本を読み始めることに。
何回も言ってしまって恐縮だが、やはり「ただものでない」文房具の写真とそれにまつわる「のんびりした感じ」の文章が始終一環としてそこにある、何か大物な感じの佇まいの本。
小物の私は、「お店のあの辺にあったかもしれないあれをもっとよく眺めてくるべきだった」と思うこと仕切りだが、たぶんせわしなく近々足をはこぶでしょうね。

単行本の見開きいっぱいに隙間なく並べられたホテルのボールペンとえんぴつの写真があって、強烈にこころ惹かれる。
ほぼ9割方はボールペンだが、左はしの一角に鉛筆がならぶ。
グリーンのボディに頭だけが白のローマのとあるホテル備え付けのそれを先頭に、グリーン+シルバー+ショッキングピンクの消しゴムは「MILLENNIUM」とある。木のままを生かしたベージュ2本は、ハワイのホテルと丸の内のフォーシーズンズホテル。そして、わたしにとってのいちばん人気は、その下にあったホテルオークラの鉛筆だ。
漆黒のボディにゴールドの金具、純白の消しゴム...が格調高く美しい。
それが無性に欲しいので、用もないのに宿泊するか...と今意外と本気で悩んでいるところ(笑)。しかし、「数年前にボールペンに一斉変更いたしましてお客さま」...とか言われたりして...。予約のときに「備え付けのえんぴつってまだ...」とか聞くのも変だろうか?売店で販売したりしてたらなんの問題もないのに云々かんぬん。

本の最初のほうから、こんな感じで、最後まで随分この先楽しめそうです。

えんぴつとボールペン...って、どこにでもあって誰でも知っている。だから、かえって数々の面白い物語をその背景に隠し持ってるんでしょうねぇ...。それらが、ぎゅーっと詰まったあの店。そりゃー扉を開けたとたんワクワクさせられるはずですよね。

ちなみに、この著者が店主をするお店は、「五十音」と言います。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-25 22:36 | 読書する

おっと忘れてました。

f0108825_22181849.jpg
行列に並ぶのはイヤだが、旨いものは食いたい。長蛇の列がはやりのラーメンもそうだが、このケーキもそうだった。
例の谷中のサクラ並木の真ん中にひっそりとあるフランス菓子の店。
オープンしている日は、いつもながーい行列が出来ている。
ラーメン店に行列ができるより、洒落たケーキ屋に行列が出来るほうが「美味しさ」の説得力がある。
「食べてみたい」が「並ぶのはごめんだ」という相反する気持ちにさいなまれながらサクラの定点観測をはじめた1月から約5ヶ月半。
いやこの店に行列が出来ていることを私が認識したのは、少なくとも5年以上前からだ。
そこまで年季の入った行列なのに、先の日曜日は何故かそれはなかった。

買いましたよこのフルーツケーキ。
そして、何故かバッグに入れたまま忘れました。
f0108825_22184571.jpg
賞味期限は5月27日まで。
セェ---フ!!
もちろん、早速食べました。
かなり美味です。
ここまで美味だと、次に行列が出来ない日に遭遇するのは何ヵ月後なんだろう...と思ってみたり。それとも並ぶか?

しばし思考....。

列に並ぶ根性なんてないので、27日までかけてちびちび食べることにします。

ちなみに、お店の名前はパティシェ イナムラ ショウゾウといいます。
根性あるなら、行列を制すのもおすすめ。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-24 22:14 | 素敵なモノ

けっきょく幸福な1日

朝5時。季節の変わり目などにたまーにやってくる咳の発作(原因不明)に見舞われ、寝てられないので起床。
しかし、幸福な1日はこの咳によってもたらされた。

まず、暇なので玄米を炊いた。圧力鍋にて強火で5分、蒸気が出てきたら弱火で30分。火を止めて減圧し、ふたがすーっとあくまで約30分ぐらい。

この玄米がすこぶる美味い、今日は成功だ。
咳をしながらも幸せな気持ちにつつまれる。
このぐらいに玄米を炊けるようになると白米を食べる気はしなくなる。が、私の腕だと成功率は、5回に1回程度。時間に余裕がないと玄米は美味く炊けない。

朝ごはんをたべて、弁当を作り、咳の様子をみる。

観念してゆるゆる出社し、午後は次の企画のリサーチに銀座へゆくが、外気が熱く、なのにまた咳がでる。
暑い日に咳をすると体力が消耗するものだ。
どこかでお茶休憩しようかと松屋通りの路地を覗きながら歩いてゆくと、ビルの裏手の隙間のような路地の奥に赤い看板があり、手描き文字で縦にひとこと「ボールペン」と書かれているのが見えた。

「幻覚?」と思いつつ近づくと、なんと不思議な文房具店...のようだ。

恐る恐る、すでにそれからして私ごのみの古い扉を開け、
「ここ、お店ですよね?」と聞きながら店内に侵入。

古い文房具と新品が渾然一体と置かれていて、什器も古い。
昔なつかしブリキの看板には三菱鉛筆(トンボだったかも?)とあり、プラスチックの鉛筆陳列だな(っていうのかしら...)には珍しい鉛筆がならぶ。
小学校の前にあった文房具店みたい...。
いや、「文具骨董市(そんなのあるのか?)」あるいは、「展示スペースより展示物が多くなってしまった文具博物館」か。
...なんでもいいけど、そのどれに偶然出くわしたとしても仕事をしている場合ではないだろう。
さっそく「今日はサボり」と、自信を持って自分の良心に宣言した。

隅々までくまなく観察すること1時間。
いちばん欲しかったのは、鉛筆がぎっしり入った鉛筆の箱15000円。その中に、ちょっとくすんだ色の消しゴムつき鉛筆が色違いで多数含まれていたのが原因だが、なやんだ挙句、一度会社に戻らなければならない身でこんな大物は無理だろうと自分に言い聞かせた。
かわりに、FISHERのボールペン、ブルーとブルーのペイパーウエイトを購入。
このFISHERのボールペンもアメリカに行けば、どこでも買えるものなのに、日本ではあまり見かけない希少なもの...と思う。書き味最高なのになぁ....。

散財したので、お茶休憩は、マクドナルドの100円コーヒーで節約する。
手帳にいろいろアイデアを書き出す時にさっそくFISHERのボールペンを使用。字が上手に書ける魔法のボールペンかも?と思うぐらい書きやすい。
字が書きやすいってそれだけで私は幸せなのよね~。

今日は咳のおかげで幸せだったかもなぁ~と家に帰ると、東北の畑の主から葉書が届いていた。
「我が家の鉄線が咲いたのでお便りします。」と。うーん。いいね~。

今日の幸せの記念にそれらを撮影してみたりした。
ぶれぶれだけど、まあいいとしようか。
f0108825_23345659.jpg

神様、サンキュウでした。いや、あっちの世界に逝った父のさしがねなのかな?
[PR]
by tao1007 | 2007-05-23 23:23 | つらつらと

日光街道WALKING:本編その弐

当初の目的もすっかり忘れた日光街道の徒歩旅は、やーっと埼玉県に入った。しかしまだ、12~13キロ地点といったところ、先は長いがおなかは空いた。
東武伊勢崎線谷塚駅付近に、雰囲気が良い浅間神社があって、この境内にちょっとお邪魔してランチ。
f0108825_22222585.jpg

見上げると、イチョウの大木が空いっぱいに広がっている。

ここに祭られている神様は、「此花咲耶姫」...。
お社を覗くと、巨大な天狗の面が祭られてあり、お神楽用の舞台もある由緒正しき雰囲気だ。
何かなじみのある神様の名前だと思ったら、富士信仰の神社・浅間神社ですもの、富士山の山霊を鎮めたとされる女神、海彦、山彦のお母さんだ。

草加市内を抜ける日光街道は、想像以上に趣の良い道。
ともかく、通過記念に、草加せんべいを買ってみなければ...。
当然のことながら、通りを挟んで5~10分おきぐらいに草加せんべいの看板が目についてよりどりみどりだ。こんな立派な店構えもある。
f0108825_22481338.jpg
で、何かひっそり実演販売をしている模様のこの店にする(本日は実演休演)。
f0108825_22415562.jpg
せんべい1枚37円、やすっ!...いゃーこれがめっぽう旨いのなんのって。ちなみに、草加せんべいは丸い形が正統で、お千ばあさんが焼き始めたのが最初とのことだ。(せんべいや談)

せんべい発祥の石碑があった。
f0108825_22491931.jpg


「谷古宇橋」という雰囲気ある橋を渡ると、
f0108825_2253151.jpg

札所もあった。
f0108825_22561388.jpg

中に入ってみると、美しい木の螺旋階段。
f0108825_2257128.jpg
上って見た風景はこんな感じ。
f0108825_22593743.jpg


そしてその先は、川に沿って美しい道が延々と続く...。
早く早くあの道を行こう。

太鼓橋を渡ってみる。
f0108825_2304514.jpg

通りすぎたほうに振り向くと、
f0108825_231218.jpg

おー、雰囲気あるなぁ...。晴れてたらなぁ...。

足元を見ると、江戸の参勤交代の旅。
f0108825_2342281.jpg
f0108825_2343280.jpg

遠くを見ると、かなたには、海...ではなく、工場の煙突。これもけっこう今どき珍しくて風情満点に感じたりしてね。
f0108825_2354589.jpg


ハープ橋には、ハープの飾りというベタなセンス。
...も渡った先には広大な公園があって、許せちゃうし。
f0108825_23135729.jpg


ずーっと寄り添って来た綾瀬川を渡ると、越谷市になった。
f0108825_23194742.jpg


越谷市は、不思議な看板、道路のマンホールが見逃せない。前後左右ではなく上下が気になる街...といえる。

しかし、消火栓にこのイラストは楽しいとしても。
f0108825_23215139.jpg

市役所のそばにある理容室は、パンダの髪も刈ってくれるらしい。という誤解は生じないのか?
f0108825_2322091.jpg

この菊の模様のマンホールのフタの美しさ。に対しては、惜しみない賛辞を送りたい。
f0108825_2322135.jpg


今度は元荒川を渡り...。
f0108825_23292283.jpg

今回は、川が多いこと。

不思議な鳥居の神社や
f0108825_23333262.jpg


ちょっと異国っぽい住宅の後姿を眺めつつ、
f0108825_23344565.jpg


今日は疲れないし足もいたくないね~なんて浮かれていると....。

あと6キロ地点で暗雲にわかに立ち込めた。

ここで、主催者のKP氏の指示をうけ最寄の駅に向かうことにした。
雷と稲妻に追われつつ駅へ。写真撮ってる暇など既にない。
東武伊勢崎線大袋駅舎に入ったとたんにスコール!!にて、歩行はここで中止と相成った。

f0108825_23385558.jpg

春日部駅へは、電車でワープ。

とはいえ、私は今回も超達成感だ!足も全然いたくない。
体重はまったく減らなかったけどね。うーむ、何故??

翌日、「リベンジしようね」という会話が、密かになされていることを知る。
...となると、話は別だ。私も参加させてもらおうかそのリベンジ...とちょっと頭の隅を思考がかすめた。
...自分が怖い。
[PR]
by tao1007 | 2007-05-22 22:17 |


カラダもココロも休暇中
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧