ココロはいつも休暇中



小路幸也氏のアナザーワールド?

昨日、「クローバーレイン」と一緒に図書館から発掘した本(=しつこいようですが、好きな作家の本なのに未読だった本)。

東京バンドワゴンシリーズの小路幸也作「猫と妻と暮らす」。
f0108825_1622475.jpg

エッセイかしら?珍しい。
...と、中味を吟味せずに借りてきた本ですが、本日読み始めてみれば、小説でした。
しかも、これまで私が読んだ小路作品とは全然違う世界観。

あれれ?違う作家だったっけ?とAmazonで一応確認しました。

だってね、東京バンドワゴンの作家というより、梨木香歩さん「家守綺譚」ワールド的な不思議世界がくりひろがっておりまして...。
いや、梨木香歩さん的世界は、もっとも好きな作風のひとつなんですから、それはそれでよしですよ(笑)。

主人公は、大学に勤める研究者。恩師の遺言を受けるように、その娘を嫁に貰らい、穏やかな暮らしが始まって...。
と、油断していたら(読者が)、妻が猫になっていた。

ああ、だから、タイトルが「猫と妻...」ね。
...って、なんで?

うーん、本書では、ぼんやりとしか描かれていないので、Amazonの作品紹介から転記しますと、「主人公は、古き時代から妖(あやかし)に立ち向かう蘆野原(あしのはら)一族の若き長」とありまして、妻が猫になってしまった日には、かならず妖(あやかし)がやってくるというストーリー仕立て。

そこに立ち向かう主人公と猫(妻)...と、同郷の友人にして同じチカラを持つ泉水(いずみ)。
と行きたいところですが、物語には、ビックな戦闘シーンなど皆無。
不思議さを湛えつつも淡々と進み、そこが私好みです。

...ということで、まだ物語の途中ゆへに、この辺で。

私の予想ですと、このままビックウェーブはやってこずに、日常の中で、妖(あやかし)を退治し、最後まで淡々と進む感じ。
何か予想外の展開がありましたらまたここでお伝えします。
[PR]
by tao1007 | 2014-01-27 16:14 | 読書する
<< 法律パンフも漫画でgo! 余韻のこりまくりで、今朝からぼ... >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧