ココロはいつも休暇中



ちかごろの谷中事情

消費税増税がきまってからこっち、我がご近所はなんとなく不穏である。

空き家だったり、空き地だったりが、いきなり取り壊しとか造成とか、それらが、谷中千駄木らしい風景を少しずつ壊していっているような気さえ...。

ちなみに、せっかく大規模修繕が終わった我がアパートも、細い道路を挟んでまん前にあった小さな工場跡が取り壊され、跡地には、早々にマンションが立つ気配。
うーむ。
日の出もスカイツリーも、隅田川花火大会ももしや全部見えなくなるってことですか?
うーむ、うーむ。

...って私事はさておいて、界隈の景観の危機の話。

といえば、富士見坂から見える富士山問題が筆頭ですが、先にあった、新宿方面に巨大なビルが建って景観をふさぐ問題は、耐震性を理由に話が頓挫。
ほっとしたのもつかの間で、なんと不忍通り沿いに建設中のマンションが、富士山への視界をふさぐ格好になるようで...。
ううむ、なんというか身内に足元をすくわれているって感じで残念すぎます。

そして、今度はこんなポスターが、また次なる危機を伝えております。
f0108825_14123442.jpg

根津から上野桜木に向かう寺密集地帯にあるヒマラヤ杉&みかどパンの店。
映画やドラマにも登場する、谷根千を象徴する光景ですが、なんと界隈の土地が、まとめて売りに出されて、なんと更地にされる可能性があるんだとかっ!

うーん、なんかもういやんなっちゃいますね。

どれもこれも消費税施行前の駆け込みシゴト。
街の将来とかあるべき姿とかを深く考えもせずに、とにかく、儲かる可能性は刈り取っておこう的な感じっていうか、私は、こうゆうことが大嫌いですね。

たとえば、コレからのニッポンは人口減少傾向。
新しい家ってそんなにたくさん作る必要があるんだろうか?
さらには、ライフスタイルもいままでの常識とはちょっと違う方向へ変わってゆくだろうし、そこに、一時の利益のために、時代と合わない可能性のあるものを続々とつくり、そんなことのためにそこに残った良きものを壊す。
そうゆうことのように思えますがどうでしょう。

うーん、こんなブログでぼやいているだけじゃあだめなんでしょうが、それでも自分のココロにこれらの事実をとどめるためにちょっと書かせていただいた次第です。
[PR]
by tao1007 | 2013-05-30 14:04 | つらつらと
<< 話題のあの本、やっと読了 おっと! >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧