ココロはいつも休暇中



品川の千躰荒神さんへ

毎年3月と11月の27・28日は品川の千躰荒神祭。
ずっと以前に何かの雑誌で読んで、一度は行きたいと思っていたものの、年に春秋2回もチャンスがあるせいなのか、なんとなくそのままになる。
で、今年こそは!と意気込んでいたところ、先の東日本大震災が来て、自粛中止。

やーっと、その全貌を垣間見ることができました。
山門前の旧東海道沿いで、すでに始まっている露店の賑わいを、ちらちら横目で眺めつつも、まずは本堂へ。
f0108825_22544352.jpg

中では、護摩が焚かれ、その前に長ーい列ができているのが見えましたが、まずは、荒神さんにご挨拶です。

本堂の中に入って見上げれば天井絵は、火消し纏の意匠アレコレで...。
f0108825_22551326.jpg

荒神さんは火のカミサマですからねぇ。

そして、例の列は、小さな厨子に入ったミニチュアの千躰荒神さんを持参した方々のもので、皆様、厨子とお札を持って、それらを護摩の火に炙っていただくのを待っている。
炙るといっても、煙にかざす程度だろうと思っていたら、かなりモロに火の中に入れていてびっくり!
紙製のお札なんかもそんな感じで、いやはやいやはや...。

厨子もお札も持たない(だって、お札の授与所も長蛇の列!)私は、しばし、護摩焚きを見物し、荒神さんのお姿をみたり。
外に出れば、やはり、誘惑には打ち勝つことかなわず、露店見物。
...っーか、実は、この祭の露店は、江戸時代あたりの昔を髣髴させる売り物が多いと聞いていたもんで、こっちが目当てだったりもする。

まずは、荒神さんにお供えする荒神松の屋台。
f0108825_2255494.jpg
松の木は燃えにくいからなんだそうですが、こんな風にたくさんあるとキレイですね。

屋台のメインストリームは、やきそばとかの鉄板スタンダードモノではなくて、海産物なのは、やはり海に近い品川だからなんでしょうか。
f0108825_22595740.jpg


そして、このお釜のマークが今日のお目当て。
f0108825_2303078.jpg

それが何であるかは、どうぞこちらでご覧ください。
[PR]
by tao1007 | 2011-11-27 15:01 | 多神教の国の文化
<< あれを見せたらコレになって送ら... あっと言う間に帰京です >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧