ココロはいつも休暇中



なんだかよくおば様にナンパされる

昨日、ほぼ貸しきり状態の小石川植物園でのびのび植物観察&撮影などしていると...。
f0108825_22182494.jpg

「あらぁ、いいオレンジだことぉ」と唐突に声をかけられ、びっくり!

だれもいないと思っていた植物園に突然、老婆...いや、年配のご婦人が現れ、感嘆の言葉は、私がデジカメで撮っていたコスモスに向けられたものと思っていたら、その手は、私のオレンジのスカートを断りもなしにむんずとつかんでいる。

ああ、今日は私もオレンジ水玉スカートを穿いてたんだっけと漠然と思いつつ、ああまたか...と。

どうも近頃、こうして妙齢のおば様たちに親しげに声をかけられることが非常に多く、しかも、そののちなぜか延々と会話が続く。
というか、いつしか、そのおば様の人生一代記を聞く羽目に。

それがまた、満州から引き上げ、女の細腕ひとつで(とその本人がおっしゃった)商売をはじめ、それを軌道に乗せ解散させるまでとかいうドラマ的展開の人生談から、ごく普通の主婦として生き80代にさしかかろうとしている方まで、悲喜こもごもいろいろな人生。
...なんでだろ?
今、そうゆう見知らぬ暇そうな女に人生を語るのがひそかに流行っているのだろうか?
それとも私が暇そうな、人の話聞きたさそうな顔をしてるんだろか?

今日は、若くして夫に先立たれ、その後洋裁で三人の娘を育てたという、深川在住の75歳の方。ああ、それで私のスカートに興味をもたれたわけですね。
しばし、我がオレンジのコムデギャルソン10年もののスカートをあれこれ眺め、ふーんここに切り替えってなかなか思いつかないアイデアだわね。でそれで、ああここは切りっぱなしか、手を抜いたかねとか。
しまいには、これお姉さんの手作りときたもんだ、おいおい!

で、その後は、わが道を行く系のユニークな男性だったご主人の話をメインとし、夫婦と娘たちのスパルタほっとく系山登りエピソードから、自家製塩辛は、塩だけで作るものだという料理話とか。

むろん、面白いから、つい合いの手を入れたり、質問してみたりして、なんだか途中からインタビューしているような気分にすらなり...おわらない。

昔から、自分が知らない街にいようがなんであろうが、よく道とかバス停とかを聞かれる私。
もう、あまりにも聞かれすぎて、これって体質なんだろうかと思うことにしたが、今度は、それがややディープになったのか?

コレってなんかのサインなのかしら?
記憶力も無駄に良いもんで、私の中に、6,70代のご婦人の人生談がずいぶんいっぱいたまりました。
私って、インタビュアーの才能あるのかしら?
[PR]
by tao1007 | 2011-09-16 22:16 | つらつらと
<< 根津権現さまのお祭り ちょっと休憩して >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧