ココロはいつも休暇中



東京の観賞苺

いつもの東北の街は、スーパーで売られる苺のもまだ最盛期だし、畠や庭先の露地苺がそろそろ色着き、ご近所同士で食べるのを手伝うというぐらいな季節到来。
豊作の年などは、「もうくえません、勘弁してください」って、くらいになる場合だってある。

なのに、東京のスーパーったら、つい一週間前まで苺が並んでいた棚には、メロンとかスイカ。
帰京するなり、「なんだか、それって、ちょっとどうよ」な感じなのよねぇ。

露地の苺の旬は5月の下旬から6月で、そもそも、露地苺の旬こそが苺の旬。
確かに野菜も果物も旬の時期などとっくにないがしろにされてる現代の町暮らしだけど、本来の旬の時期にそれらが安くなることはあっても売られなくなるっていうのは稀有じゃないか。
ひどいよなぁ!!

...って、やや暑くなっているのは(笑)、苺好き&ジャムを作りたいからなんですけどね。
ああ、露地苺が食べたい!!

と思って悶々と歩いていたら、苺の幻覚。
f0108825_2291334.jpg
うんにゃ、観賞用の苺のようです。
広い土地もなかなか存在しない谷中の界隈。プランターで苺を栽培してるのかと思えば、どうも寄せ植えのアクセントなどに使われている例が数多く。
食用ではない...でしょうね。大概、交通量の多い場所に飾っているのばかりなもんですもん。

ああ~あ。なんか東京の露地苺は「飾り」に成り下がってるみたいです。

それでもしつこく「食べるための露地苺」を探し、とうとうGET!がかなったもんで、嬉しくてココにも書いてみたりしました
[PR]
by tao1007 | 2011-05-18 21:59 | 都会の樹草
<< 絵師たちの話、その始まり あっという間に帰京 >>


カラダもココロも休暇中
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
大鳥信仰
from いかさま堺
コムデギャルソン財布
from 財布専科【ブランド財布 長財..
1月24日の朝ご飯(おでん)
from 【ブログ-24日】我が家の朝..
紅白歌合戦 出場歌手が決定!
from 紅白歌合戦 出場歌手
園芸少年 魚住直子
from 粋な提案
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧